ばかにゅー.com

世界唯一の技術を搭載した町歩きアプリ「ambula map」で蔵めぐりを楽しもう!

世界唯一の技術を搭載した町歩きアプリ「ambula map」で蔵めぐりを楽しもう!

株式会社コギトが提供する町歩きスマホアプリ「ambula map」。世界唯一の技術を搭載した町歩きアプリです。
このアプリを使って2019年1月19日(土)より開幕する“西宮蔵開2019”にて、蔵めぐりを楽しむことができます。

この「ambula map」というアプリが普通の地図アプリとは全然違う、まさに町歩きを楽しむためのアプリとなっています。。“情緒を感じるような町歩きアプリ”。
一体どんなアプリなのか、開催されるイベントとともにご紹介いたします。



町歩きアプリ「ambula map」とは

「ambula map」とは全国の古地図やイラストマップで町歩きが楽しめるiOS/Android向けスマホアプリです。
手書き地図の魅力をそのままに、GPS機能で正確な位置を瞬時に把握。
おすすめスポットなどガイド機能も充実で、紙の地図とデジタルの地図の良いとこどりで、町歩きを楽しく演出します。現在「西宮酒蔵探訪」だけでなく、「幕末京都古地図」「江戸切絵図」有名絵地図作家・高橋美江氏提供の東京下町散策地図なども公開中。

現代の建物や地図を昔の地図風に描いた“作品”。これを実際に辿っていける。面白い試みですよね。
より“江戸”を感じながら、今の東京を楽しむ。

また今回開催される“西宮蔵開2019”では、掲載イラストマップ「西宮酒蔵探訪」で各蔵元やアンテナショップの情報をご覧いただきながら町歩きを楽しむこともできちゃいます。

ambula詳細: https://ambula.jp/map/

世界初唯一の技術「Maplat」

「非線形全単射変換を保証する古地図アプリケーション(以下「Maplat」)」は、古地図やイラストマップなど実際の縮尺とは異なる歪んだ地図を正確な現代地図とピッタリ重ねて表示できる、エンジニア・大塚恒平氏が開発されたオープンソースソフトウェアで、国土交通省(国土政策局・国土地理院)主催のコンテスト「Geoアクティビティコンテスト」で2018年度に最優秀賞・来場者賞・教育効果賞を獲得しています。

「ambula map」は、世界唯一の技術(特許出願中)である「Maplat」を大塚氏にご提供いただき、技術監修をうけながら開発した高性能のイラストマップアプリです。

Maplat詳細: https://github.com/code4nara/Maplat/wiki

この楽しさはこのアプリでしか楽しめない。世界唯一の技術。だってねえ。こんな楽しみ方、思いつきませんよね。
情緒ある地図アプリ。ちょっとお試しに使ってみてはいかがでしょう。

西宮蔵開2019について

今回開催される「西宮蔵開2019」は西宮市の6つの蔵元が敷地を開放し、できたての新酒が味わえる年に1度のイベントです。
入場無料、試飲は有料となります。詳細は特設サイトをご覧ください。

西宮蔵開2019特設サイト: http://nishinomiya-kanko.jp/kurabiraki/

■オープニングイベント「新春飲み比べ」
日時:1月19日(土) 10:00~15:00
会場:六湛寺公園

■蔵元発!宮子さんプロジェクト「日本酒と甘酒の試飲」白鹿・日本盛・大関
日時:2月2日(土) 11:00~13:00
会場:田中町ウッドデッキ

■各蔵元の開催日
2月2日(土)  「寳娘」大澤本家酒造
2月16日(土) 「白鹿」辰馬本家酒造
2月23日(土) 「日本盛」日本盛
2月24日(日) 「徳若」万代大澤醸造
3月2日(土)  「大関」大関
3月3日(日)  「白鷹」白鷹

情緒あふれる地図アプリで蔵めぐり。当時の雰囲気を存分に味わいながら美味しいお酒を楽しむ。なんとも大人な楽しみ方ですよね。

【アプリ概要】
アプリ名    : ambula map
提供開始日   : 2018年9月
価格      : 無料
ダウンロード: iOS版
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cogito.salus.map

Return Top

Copyrighted Image