ばかにゅー.com

「食用イナゴ」が大人気の“ボーリング場”が歌舞伎町にあるから行ってみたら?

「食用イナゴ」が大人気の“ボーリング場”が歌舞伎町にあるから行ってみたら?

そのビジュアルからは圧倒的に食欲がそそられることはないイナゴ。

イナゴを食べる文化が日本にあることは知っていても、体験したことがない人は多いはず。

新宿・歌舞伎町のボーリング場「新宿コパボウル」では、都会っ子に食ってみろと言わんばかりにそのまんまのイナゴをフードメニューとして提供しているようです。



安らかに眠るイナゴ

みなさん、見てください。

この安らかに眠るイナゴを……

おそらく、ボーリング場で一番スコアが取れなかった人の口に入ることになるのでしょう。

イナゴを提供し始めてからというもの、ボーリング場の物販売り上げは2.5倍に増加したそう。

実は健康食品

虫を食べるなんて信じられない、なぜこんなものを?

そう思われる方も少なくないと思いますが、実は高タンパク、低脂質、低炭水化物、必須アミノ酸含有と信じられないほど栄養素豊富なんです。

それを裏付けるように森の中で遭難したり、無人島で何日も過ごさなきゃいけないような場面では、昆虫類を食べることで少量でも高エネルギーを確保できると重宝されるらしいですよ。

さらにダイエッターに朗報なコレステロールや中性脂肪を下げる働きもあるそうなので、体重を気にする人も挑戦してみる価値あり。

異文化を否定せず、体験してみる

新宿コパボウル副支配人の皆川敦史が、ボーリング場でイナゴを提供するという決断をしました。

皆川氏のコメントをどうぞ。

2014年から試行錯誤を繰り返してきました。

外国では昆虫を食べる国があることをテレビで知り、日本にも昆虫を食べる地域はあるが、自分は食べたことが無いことに気付き、食文化の違いに興味を持ったことがきっかけです。

異文化を否定せず、体験してみると自分の世界が広がって面白いかもしれません。個人で購入するには高価な商品でも、1人分だけ気軽に試せることも当店のユニークな魅力のひとつだと思います。

ぜひ昆虫食を試してみてください。

思いついたとしても、実行に移す人はなかなかいないだろうと思いますが、エンタメを提供できる人は枠にはまった常識にとらわれない人なんでしょうね。

店舗の詳しい情報

施設名:新宿コパボウル

所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町3・4F

(西武新宿駅から徒歩3分、JR新宿駅から徒歩5分、JR新大久保駅から徒歩5分)

電話番号:03-3200-6947

ゲーム:ボウリング/卓球/ ダーツ

WEB:https://copa-shinjuku.com/

未だにイナゴを体験したことがない人はこの機会に是非。

Return Top

Copyrighted Image