ばかにゅー.com

【出産祝いの選び方】注意したいマナーとおすすめの贈り物

【出産祝いの選び方】注意したいマナーとおすすめの贈り物

身近な人が出産した際には、お祝いの想いを込めて出産祝いを贈るという人も多いでしょう。しかしいざ出産祝いを贈ろうとしたときに、贈るタイミングがわからなかったり、何をプレゼントしたら良いか迷ってしまったりすることもあるのではないでしょうか。この記事では、出産祝いを贈るときに注意したいマナーや予算、プレゼント選びに困った人へおすすめの贈り物などを紹介します。



出産祝いとは


出産祝いとは、その名の通り、子どもが生まれた人に出産を祝って贈り物を贈る習慣です。昔は妻の実家が贈るものでしたが、現在は親戚や友人、同僚などからも贈られるようになりました。

出産祝いを贈る時期・タイミング

出産祝いを贈るタイミングは、産後1週間〜1ヶ月の間が望ましいとされています。赤ちゃんが誕生した家では、赤ちゃんの名前を披露する生後7日目の「お七夜」、生後1ヶ月後には赤ちゃんの誕生を神様に報告して健康を祈願する「お宮参り」が行われるため、この2つのイベントの間に贈るのが良いとされています。

贈る側からすると、なるべく早くお祝いしたいという気持ちもあると思いますが、あまり早く贈るのもマナーとしてはよくありません。特に直接会って贈り物を渡す場合は、タイミングを慎重に考えておきたいところ。出産後の母体の回復や赤ちゃんの健康を考慮して、最適なタイミングで贈るようにしましょう。

六曜を意識してお祝いしたいという人は、吉日である「大安」、友を幸せに導く意味がある「友引」、大安と友引に次いで縁起が良いとされる「先勝」などを選んで出産祝いを贈りましょう。ただ、最近では六曜を意識しない人も増えているため、こだわる必要はありません。

渡すのが遅くなってしまったときは

出産祝いは、必ずしもお宮参りまでに贈らなければいけないものではありません。仕事やプライベートで忙しく、この時期に贈れなかったという人もいるでしょう。時期を逃すと出産祝いを贈るのをためらってしまうという人もいるかもしれませんが、お祝いをもらう側からすると、出産祝いはいつもらっても嬉しいものです。気にせず出産祝いを贈って問題ありませんが、贈る際に以下のようなフォローを行い、なるべく産後半年頃までに渡すようにしましょう。

・お母さんと赤ちゃんを思いやる内容で、お詫びの言葉を添える
ベストタイミグで出産祝いを贈れなかった場合は、遅くなってしまったことに対するお詫びの言葉を添えましょう。それに加えて、赤ちゃんとお母さんを思いやる言葉、家族の幸せを願うフレーズを入れたメッセージなら完璧です。

・配送する場合は、お詫びとお祝いのメッセージを添える
合う予定が合わない場合や、なにかと忙しい産後のタイミングで家にお邪魔するのも気が引けるという人は、出産祝いを郵送しましょう。この場合も、お詫びとお祝いのメッセージを添えるか、電話などで一言連絡をいれておきます。また、「内のし」と「水引」をつけ、表書きには「出産御祝」「祝ご出産」「御祝」などの言葉を記載しましょう。宛名は出産したお母さん宛にするのが一般的です。

・贈るタイミングに適した品物を贈る
もし出産祝いを贈る時期が生後半年を過ぎてしまったら、生後半年をお祝いするハーフバースデーや、1歳の誕生日プレゼントとして贈りましょう。この時期になると、新たに必要になるものが出てくるので、欲しいものを自由に選んでもらえるようカタログギフトを贈るのもおすすめです。

出産祝いの平均予算はどれくらい?


出産祝いには、どれくらいお金をかければ良いか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。この章では、友人、上司や同僚などの職場の人、親族含む家族など関係別に、出産祝いの価格の相場を解説します。

友人への出産祝いの相場

友人や知人への出産祝いにかける相場は3,000円〜10,000円程度です。金額に幅がありますが、親友なら10,000円、たまにしか会わない知人なら3,000円〜5,000円など、自分と相手の関係の深さによって判断して良いでしょう。

職場の上司や同僚への出産祝いの相場

職場の上司に贈る出産祝いの価格相場は、5,000円〜10,000円、同僚には3,000円〜5,000円程度です。この場合、他の同僚と数人でお金を出し合って一つのものを購入するのも良いでしょう。そうすれば、1人では高額だと思うものも買えるので、同じ部署の人などと相談してみても良いですね。会社で出産祝いを渡すときは、あまり大きいものは選ばず、家まで持ち帰れる程度の大きさ・重さのものを選ぶようにしましょう。もし持ち運びにくいものを選んだ場合は、配送サービスを利用して直接自宅に届けるよう配慮しましょう。

家族や親族など身内への出産祝いの相場

家族や親族などの身内への出産祝いには、10,000円〜30,000円が相場です。友人や同僚に比べて予算は多めで、幅もあります。身内となると少し複雑で、初孫が生まれた嬉しさで100,000円以上かけるという人もいれば、結婚自体をあまりよく思っていない場合は贈らないというケースもあります。さらに、贈る側が年上でしっかりとした収入があれば多めに出し、学生や20代前半でまだ収入も多くないという場合は少ない金額ということもあります。自分と相手の親族との親密度合いによっても価格は変わってくるので、相手との関係を見極めながら、家族とも相談して贈る物を選びましょう。

喜ばれる出産祝いの選び方


出産祝いのギフトは、贈る側の気持ちよりもお母さんの「欲しい」を意識して選びましょう。身内ならベビーカーなどの比較的費用がかさむもの、友人にはオムツやタオルなどの必需品のほか、ベビー服やスタイなどが一般的です。しかし気をつけなければいけないのが、お祝い品がすでに相手の手元にあるものと重なってしまうこと。特に2人目、3人目の出産となると、お下がりもあるため、これ以上は物を増やしたくないし、お返しの品にお金をかけたくないという人も。

相手に希望の品を聞くことはマナー違反ではないので、望まないものをプレゼントしてしまうことを防ぐためにも、可能な限り相手に欲しいものを聞いておくようにしましょう。

定番の出産祝いの贈り物

出産祝いには、いくつかの定番の贈り物があります。何をあげたら良いかわからないという人は、まずは出産祝いの定番商品をチェックしてみは。ひとつずつ見ていきましょう。

・おむつケーキ
おむつケーキとは、ケーキに見立てたおむつを重ねてデコレーションし、ラッピングしたものです。ぬいぐるみやかわいいタオルなども一緒にパッケージされているのが特徴です。アメリカで流行していた出産祝いですが、近年日本でも出産祝いのギフトとして定番化しています。赤ちゃんのいる家庭では、おむつは毎日必要な消耗品なので、いくつあっても嬉しいもの。キャラクターをあしらったものやオーガニック素材を使ったものなど種類も豊富なので、贈り物として相手の好みを考慮したものを贈るとさらに喜んでくれますよ。

・スタイ、タオル、肌着など
何枚あっても助かるのがスタイやタオル、肌着など毎日使うアイテムです。知名度のあるブランドのこれらの必需品は定番の出産祝いです。スタイやタオルに名前を入れてくれるサービスもあるので、赤ちゃんの名前がわかる場合は名入りで贈るとさらに喜ばれますよ。ただし、漢字やローマ字表記は間違うことのないよう、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

・ベビー服
ベビー服は、出産祝いのギフトと聞いて一番に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。さまざまなブランドから魅力的なベビー服が販売されていますよね。ベビー服を選ぶときにひとつ気をつけておきたいのがサイズです。新生児用のベビー服は自宅ですでに用意している場合も多く、成長の早い赤ちゃんだとすぐに着られなくなってしまいます。そのため、ある程度大きくなってからも着られる80〜90cmサイズのベビー服を選ぶと良いでしょう。また、赤ちゃんのお母さんが好きなテイストなどもリサーチしてから選ぶと、着てもらえる機会も増えるはず。

・絵本
赤ちゃんの好奇心を刺激してくれる絵本は、少し年齢が上がってからも言葉や数を覚える良い練習になります。言葉が理解できていない年齢でも、周りが発する言葉は赤ちゃんの耳にもしっかりと届いています。大きくなってから読み返すこともできるので、子どもの成長や人生に寄り添ってくれる贈り物になりますね。

・おもちゃ
赤ちゃんが遊べるおもちゃも、積み木やプレイマット、ぬいぐるみなど、さまざまな種類があります。最近注目を集めている知育玩具は、遊びながら発達を促してくれるため、プレゼントでも喜ばれそうです。おもちゃを選ぶときは、月齢に合わせたおもちゃを選ぶのがポイントです。複雑な構造のもの、先が尖ったおもちゃなどは、1歳未満の赤ちゃんには不向きですので、必ず購入前に対象年齢を確認しましょう。

便利な出産祝いの贈り物

出産後は必要なものが増えていきますが、実用的なものほど便利で重宝されます。日々の生活で使える贈り物もきっと喜ばれるはずですよ。

・ベビー用耳式体温計
検温時間が短い赤ちゃん用の体温計は必須アイテム。しかし、すでに持っている可能性もあるので、プレゼントする場合は事前に聞いてみたほうがよいでしょう。

・ブレンダー、ハンドミキサー
離乳食が始まると、ブレンダーやハンドミキサーを使う機会が増えます。出産祝いでプレゼントするのは少し早いのではと思うかもしれませんが、後で必ず役に立つので、とても実用的なアイテムです。

・食器セット
赤ちゃんが使いやすい食器セットもこれから使うシーンが増えてくるので喜ばれます。赤ちゃんが安心して使える材質のもので、見た目もかわいらしいデザインのものがおすすめです。離乳食のために食材をすりつぶしたり、こしたり
できる調理用具なども便利です。

・オーガナイザーバッグ、おしりふきウォーマー
ベビーカーに吊るせるタイプのオーガナイザーバッグや、おしりふきを人肌に温められるおしりふきウォーマーなど、日々の生活で使える実用的なアイテムもとても便利です。

・お母さん向けアイテム
出産祝いといえば、赤ちゃんに関するギフトを想像するかもしれませんが、出産を終えたお母さんへの贈り物も定番です。特にボディケアグッズや美容アイテムは、子どものためにお金も時間を使いがちなお母さんには喜ばれます。産後の体の変化で敏感になりがちなときなので、ギフトを選ぶときにはお肌に優しいタイプを選ぶようにしましょう。

選ぶ時間がないとき、迷ったときはどうする?

忙しくて贈り物を選ぶ時間や買いに行く時間がないとき、何を選んだら良いか迷ってしまったときは、以下のようなものをプレゼントするのもアリですよ。

現金や商品券
現金を贈るのは失礼ではないかと思うかもしれませんが、出産後、家族が1人増えたこの時期は、なにかとお金が必要ですので、現金や商品券は嬉しい贈り物です。金額は、友人や同僚には5,000円〜10,000円程度、家族や親戚には10,000円〜20,000円程度を目安にして贈りましょう。

カタログギフト
相手のことを考えすぎて逆にプレゼント選びに迷ってしまったら、もらう側が好きなギフトを自分で選べるカタログギフトにしましょう。ベビー服などの定番アイテム以外にも、写真撮影などの体験ギフトなどが含まれているカタログもあるので、他の出産祝いと差をつけたいときにもおすすめです。

出産祝いのマナー・注意点


お祝い事の贈り物にはマナーがつきものですが、出産祝いにも気をつけておきたい注意点があります。例えば、一番にお祝いしたいからと言って、出産前に出産祝いを贈るのはタブーです。他にも、出産祝いを選ぶ際に知っておきたいマナーがあるので、チェックしていきましょう。

高価な贈り物がNGの理由

親友やお世話になった上司など、特別親しい人には高価で質の良いものを贈りたいという人もいることでしょう。しかし、予算を大きく上回るギフトは避けたいところ。

なぜなら、もらう側が出産祝いのお返しをする際に困ってしまうからです。高価なものをもらってしまうと、そのお返しには他の人とは異なるものを特別に選んだり、予算以上のお金をかけたりしなければならないため、負担になってしまうのです。

縁起が悪い出産祝い、ギフト

縁起の悪い贈り物には気をつけなければいけません。例えば、ハサミや爪切りなどの刃物類は縁が切れることを連想させるので、贈らないようにしましょう。弔事で配られることの多い日本茶も出産祝いには適していません。

また、タオルなら問題ありませんが、ハンカチは別れを意味するため、出産祝いのプレゼントには選ばない方が無難です。他にも、置き場所を考えなければいけないベビーベッドなどの大きな贈り物も、もらう側が望まない限りは好まれませんのでご注意を。

プレゼントと一緒に、お祝いのメッセージを添える場合は、「なくなる」「絶える」などの「忌み言葉」は使わないようにしましょう。

まとめ

友人や同僚、親族など身近な人が出産したときに贈る出産祝い。タイミングやマナーなど、気をつけておきたい点があるので、しっかりと頭に入れてから出産祝いを贈るようにしましょう。出産祝いのプレゼントも、自分があげたいものというよりも、相手が欲しいものを贈るようにすると喜ばれます。実用的で、見栄えするものなど、ポイントを押さえて素敵な出産祝いを贈りましょう。

写真AC:https://www.photo-ac.com/
イラストAC:https://www.ac-illust.com/

ライター/佐々木希

Return Top

Copyrighted Image