ばかにゅー.com

ゲームで繋がる家族の物語「光のお父さん」が吉田鋼太郎さん主演で映画化

ゲームで繋がる家族の物語「光のお父さん」が吉田鋼太郎さん主演で映画化

3月23日・24日に開催された「ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2019 in TOKYO」にて故・大杉漣さんが主演を務めたテレビドラマ「光のお父さん」の映画化が発表されました。



累計アクセス1,000万のブログ

「光のお父さん」は、親子の絆をファイナルファンタジーXIVのオンラインゲーム世界を通して紡いでいく心温まるストーリーの作品。

実在のFFXIVプレイヤーが公開したブログがSNSを中心に話題となり、2017年4月にテレビドラマとして大杉漣さん主演で放送され、人気を集めました。

今回の映画化では、おっさんずラブの出演でこれまでのカッコいいおじさんから、可愛らしいおじさんという真逆の役柄が記憶に新しい俳優・吉田鋼太郎さんをお父さん役に迎え、息子役は俳優・坂口健太郎さんが務めます。

「ファイナルファンタジーXIV」とは

 

View this post on Instagram

 

It’s finally here! Little Ladies’ Day seasonal event has begun! 🌸🌼🌺 #FFXIV #FF14

FINAL FANTASY XIVさん(@ffxiv)がシェアした投稿 –


1987年に発売された第1作「ファイナルファンタジー」をきっかけに今も続編が発売され続ける人気のRPGシリーズです。

壮大な「エオルゼア」という世界を舞台に、ネットワークを通じて、世界中のプレイヤーと共に冒険ができるオンラインゲームになった「ファイナルファンタジーXIV」では、冒険も戦いだけではなくアイテムの製作や、チョコボの育成など様々。

ゲームだから世代間を超える

いつもは話題も合わないし、何かを話すとしても特別話したいこともない。

父親が仕事を退職したことがきっかけで、会話がなくなったお父さんとの関係をゲームという仮想現実世界を通すことで改善したいと願う息子。

家族だからこそ、今さらが先立ってしまってきっかけが掴めなくなってしまうことがあると思います。

本作で描かれた、ゲームという顔の見えない世界で人と人が繋がっていくコミュニケーションのカタチは、知っているつもりでも実は知らなかった身近な相手の姿があるということを教えてくれるきっかけにもなりますよ。

ピュアで可愛らしいお父さんを劇場で楽しんでみてはいかがでしょうか?

Return Top

Copyrighted Image