ばかにゅー.com

靴のソールが片方だけ減るのが早い。その原因ってなんだろう?

靴のソールが片方だけ減るのが早い。その原因ってなんだろう?

「靴」も一つの消耗品として扱っているわけですが、靴のかかと部分、いわゆる「ソール」がすり減っていくのは仕方のないことです。

しかし、なぜか右左のどちらか片方のソールが偏って減っていくなんてことありませんか?

僕がそうなんです。毎回のことですが、右足の靴だけソールの減りが早く、足の内側から足の外側に向かってソールの減り方が斜めになってしまいます。

綺麗なすり減り方であれば、ある程度長く履いていられるのですが、斜めにすり減っている靴のソールはみっともなく感じているため、新しい靴を買わざるをえない状況なのです。

今まですり減ったら新しい靴を買うというルーティンでしたが、そもそも偏った靴のソールのすり減り方の原因はなんなのかを調べ、改善していこうと思ったわけです。

僕と同じ境遇の方は、一緒に改善していきませんか?



靴のソールが偏ってすり減る原因


そもそも外履きとして靴を履いていれば必然と摩擦ですり減る“靴底”ですが、そのすり減り方には大きく分けて5つに分けられるようです。

1、やや外側が減る

2、中心が減る

3、内側が減る

4、外側が減る

5、左右非対称に減る

さて、この5つのパターンによってわかる体の問題点を見ていこうと思うのですが、パターンの中には正常となるすり減り方もあるようです。

みなさんは、どのパターンに当てはまりますか?

パターンでわかる体の問題点とは

上記のパターンの中でも正常と見なされるのは、1番の「かかとやや外側」となります。

靴のかかとの外側が減っていると、O脚のせいだと気にする人が多いようですが、かかとのやや外側が減るのは実を言うと正常。

歩くときの足の動きを考えれば、靴のかかとのやや外側が減ることは自然だと判断できます。歩くとき、かかとの少し外側から着地し、次に足裏全体が着いて、足首が前に進んで親指の付け根で地面を蹴って抜けていきますよね。

このとき最初に地面に接するのは、靴のかかとのやや外側ということになります。

パターン2「中心が減る」

靴の中心が擦り減るパターンは、アキレス腱が硬く、縮んでいることが考えられると言います。縮んだアキレス腱に引っ張られて、体が後ろに傾き、重心が中心からかかとに偏ってしまうとのこと。

この状態は、体がバランスを取ろうとして前かがみになるので、猫背になり、腰痛や股関節痛の原因に。

パターン3「内側が減る」

靴の内側が擦り減るのは、かかとが内側に傾いた「過回内(かかいない)」の状態になっている可能性があり、さまざまな足のトラブルの原因になるとのこと。

人間の足は、中心が真ん中の中指ではなく、人差し指にあり、そのラインの延長線上に、足のアーチの最も高い頂点がきます。足の中心から内側の親指側のほうが狭く、負荷がかかると弱いため、足は内側に傾きやすい構造になっています。

パターン4「外側が減る」

靴底の外側が減っている場合、足首が外側に傾く「過回外」の状態。過回外の人は、本来は正面を向くはずの膝が外を向いてしまい、足を外側に向けて歩くので、ふくらはぎの骨がねじれ、足首や膝に負担がかかるとのこと。

また、過回外の人の足は構造に遊びがなく、接地した時にほとんどたわまないため、足で衝撃を吸収することができず、膝や股関節を痛めやすくなってしまうようです。

パターン5「左右非対称」

靴底の減り方が左右で違う場合は、どちらかの足が強く、回内していて、重心が偏っているか、左右の足の長さが違っていることも考えられるとのこと。

膝を曲げた体育座りの格好になり、左右の高さを比べてみるとわかるようで、生まれつき、左右の脚の骨の長さが違う場合もあるようですが、どちらかの足のアーチがつぶれてしまって、膝から下の長さに差が出ていることが……

パターン1以外の人は体を見てもらった方が良いかも

ということで、靴底・ソールのすり減り方によってどういったことが原因なのかを調べて見ましたがみなさんは正常でしたか?

僕はおそらくパターン5に当てはまると思います。

現在自分がどのパターンに当てはまるかを考え、健康や靴を大事にして行きたいと思っているのであれば、一度専門家などに見てもらった方が良いかもしれませんね。

なによりも、お気に入りの靴は長く履きたいと思いますよね、まずは自分の体に着目してみてはいかがでしょうか。

ライターはこの人

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image