ばかにゅー.com

喋って動いておねだりする盆栽「BonsAI(ボンスエーアイ)」

喋って動いておねだりする盆栽「BonsAI(ボンスエーアイ)」

welcome 3月。
レミオロメンじゃないですが季節が流れていくのを感じますね。
学生時代は3月と言えば別れの季節でしたが、社会人となった今ではただただせわしない季節と思います。
大人になると出会いも少なくなる代わりに別れも少なくなりますね。
だからこそ青春というものに憧れてしまうのかもしれませんね。

さて今日もいきなり話題転換します。
TDK株式会社から最先端技術や製品を用いて、人間とコミュニケーションをとることができる新しい盆栽である「BonsAI」(盆栽+AI)の始動が開始されました。
対話する、水をねだる、といった「BonsAI」の全貌がTDK Attracting Tomorrow特設サイトで公開されています。
今回はそんな最先端で可愛らしい盆栽くんについてご紹介していきます。



最も最先端な盆栽「BonsAI(ボンスエーアイ)」

古くから日本で愛され、身近な「自然」である盆栽に、TDKの最先端技術や製品を用いることで、人間と対話することを可能にする「BonsAI」(盆栽+AI)。
人と植物がコミュニケーションをとることで、未来へ向けた人間と自然との新たな関係を垣間見ることに挑戦しております。
そんなBonsAIができることをご紹介していきます。

機能:対話する
詳細:人間よりも長生きだから、盆栽は人よりちょっと賢いかもしれません。BonsAIは、人から悩みを打ち明けられると、古今東西の知識からヒントをくれる会話機能が搭載されています。人にとって盆栽がちょっと頼もしく感じられることを目指した機能です。

機能:日を浴びる
詳細:BonsAIは、暗いところにいると日の光を求めて歩き回ります。無事日向にたどり着くと、LEDを光らせながら気持ちよさそうに日光浴をします。

機能:水をおねだりする
詳細:土は盆栽にとって大事な食事のようなものです。BonsAIは土が乾くと水場に近寄って、フリフリしたり、光ったりして、人に水をもらえるようおねだりします。盆栽がまるでペットのように振る舞うことで、人がより植物を愛らしく感じられることを目指しています。

対話する、日を浴びる、水をおねだりする、犬のような猫のような人間のような盆栽くんです。
想像していた以上に可愛らしい動きをしてくれるロボットでしょう。

「BonsAI」に搭載されている機能

可愛らしい動きをしてくれる「BonsAI」くんですが、その可愛さは最新の技術によって支えられているのです。

1. 土壌センサ
土の乾きを測定するセンサ。
2. カメラ
移動制御のための小さな“目”として前面に搭載された小型カメラ。
3. LED
BonsAIの感情を表現するLEDパネル。
4. スピーカー
BonsAIと人が対話するための小型スピーカー。
5. 9軸センサー
安定した歩行制御を実現するためのTDKの注力開発技術の一つでもある9軸センサー。
6. フィルム太陽電池
フィルム状の形状により自由な整形を可能とし、電源供給のほか、照度センサーとしても活用しているTDKのフィルム太陽電池。
7. ワイヤレス給電
底部に設置されているTDK製ワイヤレス給電装置。床側の給電デバイスと合わせることで、ケーブル接続不要の充電を実現。
8. ベース
BonsAI内部に搭載されている、駆動・会話を制御するマイクロコンピューターをはじめ、搭載されている様々な部品の一つ一つに、コンデンサやインダクタなど極小ながらTDK製の電子部品を凝縮。かわいく見えて実は、総重量は20kg以上。

土壌センサなんて、もう盆栽くんのための機能といっても過言じゃないほど。
ただ周期的に水を求めるのではなくて、きちんとセンサーによって必要な時に求めてくるのです。
そして優秀すぎるフィルム太陽電池。自由な形状に変化させられるフィルムに電源供給と照度センサーの機能まで備わっている。
TDKの技術と製品が惜しみなく使われています。

盆栽が人生を語る

さてここまで色々と機能について紹介しましたが、実際のプロモーション動画を見てみてください。
AIを搭載した盆栽と人とのやりとりに注目です。

【動画概要】
・タイトル     : TDK Attracting Tomorrow Project #2 BonsAI お寺篇
・公開日      : 2018年2月27日(火)
・メイキング動画URL: https://youtu.be/kkmpcVdINGs

なんとも言えない可愛らしさ。R2-D2のようなラピュタのロボット兵のような。
植物とロボットが合体しているって妙にアニメ感を感じるというか、近未来的な感じがしますね。

まさかの盆栽とAIのコラボでしたが、いかがでしたか。
ちょっと変わったロボットもなんだか愛らしくて良いですよね。
ロボット自体の機能に、頭脳とも言えるAIがどんどん進化していき、徐々にロボットというものが身近な存在へと近づいてきている。
10年後くらいにはお料理ロボットなんてものが出てくるかもしれませんね。
そしたら一人暮らしも楽チンだ。

Return Top

Copyrighted Image