ばかにゅー.com

ロハスな人間にさ、なりたいよね。

ロハスな人間にさ、なりたいよね。

最近すごく思うんだけど、人を人と思ってない人が多くない?
そんなことない?

完全に他人は他人みたいな意識づけが激しいよね。いや、ごもっともだよ。ごもっともなんだけど他人は他人だから何も気にかけなくていいとか、適当にあしらっとけばいいとかそういうものじゃないと思うんだ。他人も立派な心のある人間なんだよ。ゲーム内のNPCじゃないんだよ。
そう思うことが多くてね。
ちょっと抱えきれないほど不満が多いから今日はちょっと文にしてストレス発散しようと思ったわけさ。



他人様をなめるな

これはさ私だけかもしれないけど、知らない大学生にすごくなめられるの。扉のすれ違いざまによっ!とかいきなり声かけられたり、肩叩かれたりさ。もちろん、知らない人だよ。出身地全然違うところだし。なんかねえ、意味わからない絡み方をされるのさ。しかも安全地帯に退避できるタイミングで。

これ、めちゃくちゃ腹立つからね。

私がなめられ顔なのがいけないのかもしれないけど、なめられ顔なだけにこういう絡まれ方をすることが多くて、すごく過剰に反応するような精神になってしまったわけ。これは電車で絡まれることもそうだけど、特に腹が立って仕方がないのが車の煽り運転。
よくさ、うんこを我慢してるんだと思えば怒りを抑えられるとかいうけどそんなわけがないよね。ミサイルを積んでたら間違いなくぶっ放してるし、超車高が高い車に乗ってたらバックして踏んづけてるもんね。

つまり何が言いたいかって、他人様をなめるなってことだよ。悪い気しかしないのわかるじゃん。自分がされたら頭にくるじゃん、手が出てるでしょ。もうね、こういうことをしてくる人に関しては何がやりたいのか、何を考えてるのかわからない。なんの意味があるの。なあ、ポンコツクソ愚学生。

出入り口は出る人が先じゃないの

もうはちゃめちゃにこれ、すごく思うんだけど。出入り口って出る人が先だよね。出る人よりも先に入ろうとする非常識な人多すぎない。余裕なさすぎなんだけど。
毎日電車で思う。出る人の隙間をこじ開けて先に入ろうとする人さあ、何考えてるの。そしてそれに続く人もどうかしてると思ってる。それ以上にさらにどうかしてるって思うのが、私が先頭に立っていた時に出る人を待っていると後ろの人が追い越していくあの現象。え、なんなの?馬鹿なの?順番も守れないの?社内でそんなことやらないでしょ?
ルールを守っているこっちを悪者扱いだよね。逆に出ようとした時に強引に入ってくるもんだからすれ違いざまに肩ぶつけてくる人もいるしさ。

そういう時、すごく思うことがあるの。私がもしゴリゴリのいかつい顔してたら、そんなことしてこないのかなあって。知らない大学生にもしょっちゅうおちょくられるようななめられ顔なのが原因なのかなあって。
わかるよ、座りたいのはわかるけどさ。みんな同じ金を払って電車に乗ってるわけだよ。だからルールくらい守ろうよって。なあ、独尊クソジジイ。

人身事故とかさ責められないよね

朝の電車で人身事故を聞くときあるけどさ、まず悲しすぎるよね。どんな人が飛び込んだのか知らないけど、壮絶な死を自分から迎え受けてるんだから。
それで電車が遅れて、仕事に遅刻しそうになるとこっちまで死にたくなるけどさ。

ただずっと思ってたんだけど、確かに迷惑だけど、電車に飛び込んでいった人たちをさ責めるなんてことはできないと思うのよ。またかよ、ふざけんなよってすごく思うけどでもなんか責めるっていうかそれを口に出すのは違うなあって。だってそこまで追い込まれてた人たちなわけだよ。電車に飛び込むという究極の選択をせざるを得なかった過酷な運命にあった人たち。どんな理由であれさ、やっぱり責められないよね。自分が逆の立場だったらそうしてたかもしれないわけだし。

日本では平均1日に約80人以上の自らの命を経って、人口の約20%の人が自殺未遂の経験があって。ものすごく自殺大国で、それには必ずそれなりの理由があって、それが未だに改善されていない。自殺大国の犠牲者になってしまった彼ら、彼らの悲しみは私たち自殺大国民の責任でもあるんじゃないかなあって思うのさ。回りに回って私のせいでもあるのだと思うわけ。大げさかもしれないけれど。

他人の声にもならない思いってのはどうしたって殺しがちだけど、自分が手一杯だからってのもあるけど、どんな他人だろうと自分と同じ人間なんだよね。そんな基本的なことをどうしても忘れがち。狭いコミュニティでしか心を持つ人であると認識することができない。だからインターネット上での他人に対する扱いも酷いものになりがちだったりする。

なんにしてもそうだけどさ、とにかくねロハスになろうよって。もっとロハスであることを心がけたいなあって。「お茶にごす。」のまークンみたいにさ。

Return Top

Copyrighted Image