ばかにゅー.com

ここはずっと変わらず美しい、地元高校生から生まれた「忘れられない歌」

ここはずっと変わらず美しい、地元高校生から生まれた「忘れられない歌」

仕事や勉強に追われている毎日に疲れていませんか。

気づかぬうちにただ目の前にあるやらなきゃいけない事をひたすらに追い続けて、時間の流れも感じないまま日々を過ごしている。そんな毎日が嫌になっても、これが普通、これでいいと言い聞かせて自分を鼓舞(こぶ)して頑張るあなたに。

昔を思い出して心をちょっと休ませてくれるような音楽映像はいかがでしょうか。



宮崎県えびの市のシティプロモーション

シティプロモーションの一環として、市内唯一の県立高校である飯野高校の3年B組の生徒と、アートディレクターで京都精華大学講師の光嶋崇を迎え、市のPRを考えるワークショップを開催。

そこで参加した生徒から生まれたアイデアをもとに、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)× Bose(スチャダラパー)のコラボ曲「忘れられない歌」と、そのミュージックビデオが完成しました。

ふるさとへの想いが詰まった作品

完成したミュージックビデオは誰もが思い出の中に残っている自分の「ふるさと」を想い起こしたり、考えたりすることが出来るような作品に仕上がっています。

映像監督を気鋭の映像作家・木村和史が務め、宮崎県出身の女優・工藤綾乃が主人公を年代の異なる一人三役で熱演。映像にはワークショップに参加した生徒たちも出演し、高校生とクリエイターが一体となって作り上げられています。

ストーリー

物語は現在から過去へそして未来へとふるさとの思い出やえびの市にある雄大な自然と共に、主人公の心情と過去を反映した映像が映し出されます。

女優・工藤綾乃が、同市の出身で今は都会で暮らす主人公役の高校生、都会に暮らしている20代、そして子供を持った30代と世代を超えた3役を見事に演じ、その中身はまるで「音と映像のタイムカプセル」のようです。

制作の裏舞台

宮崎県えびの市の人口は2万人弱と都市への一極集中が進み、地方の人口減少は日本の深刻な社会問題となっています。

そこで将来を担う高校生の視点でPR動画制作したい、というえびの市の希望に曽我部恵一とBoseが賛同して今回の企画が実現しました。

過去4回にわたり行われたワークショップでは、自分たちが暮らしている地域の魅力をデザイン思考で掘り下げ、その場で生徒たちからアイデアを直接聞いたり、意見交換が行われて制作されていきました。

「忘れられない歌(えびの市×飯野高校×クリエイター)」

日本全国に向けて、えびの市と地元高校生、クリエイターからの想いがこもった忘れられないメッセージをどうぞ。

プロジェクト公式HP:http://dschool-ebino.com/

えびの市公式HP:http://www.city.ebino.lg.jp/

ライター情報

むーさん
また真面目って言われる。

真面目って言うな。ばかやろー。

チップスターうまし。
Return Top

Copyrighted Image