ばかにゅー.com

耳を塞がない新しい環境へ!骨伝導イヤホン「earsopen」が発売

耳を塞がない新しい環境へ!骨伝導イヤホン「earsopen」が発売

誰もが普段から利用している「イヤホン」、音楽を楽しんだり、動画を楽しんだりと、今の世の中ではライフラインと言っても過言ではないと思います。

ところで、みなさんの知っているイヤホンと言えば耳に入れるタイプのインナー式や、カナル型など良く見かけるタイプですよね。

耳を包むように覆うタイプは“ヘッドホン”ですのでお間違いなく。

さて、そんな見慣れたイヤホンとは違った、全く新しいイヤホンが登場したのでご紹介して行こうと思います。

従来のイヤホンとは違った形、新しい使い方は、使う人たちの環境を違うものにするのではないでしょうか。



骨伝導で周囲の音も安心な「earsopen(イアーズオープン)」


良く使われているイヤホンと言えば、耳を塞いでしまい、音量を下げ聞いていたとしても、外部の音はどうしても聞こえづらいものですね。

ところが今回の「earsopen」は、骨伝導ということで耳を塞いでしまう従来のイヤホンとは違い、骨を通じて音を聴く事ことで、耳を塞がずとも音楽などを楽しむことができるということです。

正直、骨伝導で音楽を聞くってあまり馴染みがないですよね。ただ僕は前に一度、骨伝導で音楽を聞いたことがあります。

驚きでしたよ。「僕の体に音が響いている!?」といった感覚で、初めての経験と共に、骨伝導でもちゃんとした音楽が聞こえるのだとその時感じました。

「earsopen」の骨伝導である意味


やはり骨伝導のイヤホンの利点と言えば、耳を塞がないというところですが、どこかへ出かけたり、通勤などの移動中も安心して音楽を楽しめるのが素晴らしいと言えます。

周囲の音が聞こえないことによる危険性は特に注意しないといけないと思います。普段の生活はもちろん、自転車、ランニングなどで周囲の音が聞こえていないと、自分の視界にしか周囲の情報がないことになりますよね。

もし、後ろから車が近づいていることに気づかなければ、誤って事故に繋がることも十分にありえるということ。

骨伝導である意味、今後はとても重要になってくるのではないでしょうか。

音響へのこだわりも忘れていません!

ただ骨伝導で聞けるから凄いということではなく、より音響にこだわりをもって作られたのが「earsopen」です。


いくつものテストを経て、表には減衰率が低く適度な音響フィルタ機能を併せ持つ構造を、対向面には振動の減衰と遮断する構造を採用しているとのこと。各部に最適な材質を使用して最適に振動伝達を行ってくれると言います。

さらに、楽器の倍音に着目しており、基音に対する倍音の割合をコントロールすることで、美しい楽器の響きが伝わって聞こえるようですよ。

さて、この素晴らしいイヤホン……そもそもイヤホンと言ってよいのかは微妙なところですが、クラウドファンディングで発売されています。

周囲の音をシャットダウンしたいがためにイヤホンをつけている人もいることでしょう。それとは別に、周囲に気をつけたいと思っている方は購入してみてはいかがですか。

・動画ショッピングサイト「DISCOVER」
https://dis-cover.jp/

ライターはこの人

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image