ばかにゅー.com

「未確認生命体」イマどうなってる?“UMA”こと宇宙人・未確認動物はどこまで公にされているのか

「未確認生命体」イマどうなってる?“UMA”こと宇宙人・未確認動物はどこまで公にされているのか

あれ、みなさんもしかして興味が無くなってしまいましたか。一時、宇宙人やネッシーやらで何かと大騒ぎしていた時代もあったりしたかと思います。

テレビとかでも未確認生命体などを番組で取り上げられなくなってきた今日この頃ですが、きっと心の奥底では実は気になっているという人もいるはず。

都市伝説なのか、はたまた公表されていないだけで事実は違っていたりするのであろうか。

分からないことがまだまだ多いネタではありますが、止まっている情報から進展しているのかどうかを調査してみる事にしました。



「グレイ」こと宇宙人の存在は今


実は宇宙人にはタイプが何種類かに分かれているようで、すでに地球に訪れている宇宙人は4種類いるとのこと。

さらに、現在わかっているだけでも82種類の宇宙人がいるのだとか。世界の国数を比べるのも違うかもしれないが、全193ヵ国に比べると少ないと感じる。

いや、そもそも82種類の宇宙人が地球に攻めてきた事を考えると……うん、震えますね。

1960年代にカナダの国防相を務めていた人物ポール・ヘリヤー氏がUFOや宇宙人の実在を暴露していて、UFOコミュニティでは著名な人物で知られている彼が語ったのだから、信憑性(しんぴょうせい)が高いと言える宇宙人情報でしょう。

「ネッシー」はすでに保護されている!?


イギリスのネス湖に生息しているとされる「ネッシー」。画像の捏造(ねつぞう)や都市伝説と大騒ぎされていた未確認生物だが、2017年に目撃情報が11件もあったというのだから驚き。

過去最高の年間目撃報告となったにも関わらず、なぜ世の中にネッシーの実在情報が出回らないのか不思議に思わないですか。

どうやら、イギリス政府により隠ぺいされているのだとか。1981年には野生生物保護法が制定されており、ネッシーの存在が明らかになっている可能性が高いという情報もあります。

そして驚くべきことに、スウェーデンからイギリス大使館にネッシーに関する情報提供の要請があり、情報を元にスウェーデンではストゥール湖の絶滅危惧種に対しての捕獲や殺戮を禁じる保護法を制定したのだという。

これらを考えると、ネッシーのような生物が実在しているのではないかと疑わざるおえないのではないでしょうか。

「ビッグフッド」手足が公開されている!?


類人猿のような身長2m越えで、体重は200kgオーバーの大型未確認生物「ビッグフッド」だが、ここ1~2年の間で、ビッグフッドの手足・臓器を保存しているという男性が出てきというのだ。

男性の話では、60年以上前に父親がビッグフッドに遭遇し射殺したといい、その時に保存したビッグフッドの体の一部をYouTubeで公開したのです。

ビッグフッドが大きすぎたため、彼の父親は各部位を切り落とし持ち帰ったのだとか。

僕の目から見たら、とても60年以上も前の物とは思えないほど保存状態が良いため、どうやって保存をしていたのかが気になるとこ。冷凍保存にしろ、解凍した後とも思えない。

彼が持っているビッグフッドの部位は本物なのかは少し怪しいところだが、彼はDNA鑑定やギネスへの申請も考えていると言っているのだから驚き。

DNA鑑定をぜひ行っていただきたいですね。

「未確認生命体」いつか個人で発見したい

上記のように大きく話題になっている「未確認生命体」やUMAを発見するのはさすがに困難ですが、いつか自分自身で発見し、正規の大発見などと言われチヤホヤされたいなんて下心全開の願望が僕にはある。

というのは冗談ですが、宇宙人とは1度遭遇をしてみたいものです。チップを埋め込まれてしまうかもしれませんが、ぜひこれを見た宇宙人の方、ご連絡お待ちしています。

さて、みなさんは“未知との遭遇”を経験したことがありますか。最後にご紹介した「ビッグフッド」の件、動画を最後に見ていただきたいのですが、ある意味未知との遭遇と言える内容です。

信じるか信じないかはあなた次第!

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image