ばかにゅー.com

ファッションセンスが無くてもこれさえ押さえればOK! “オシャレ”への道~その1~

ファッションセンスが無くてもこれさえ押さえればOK! “オシャレ”への道~その1~

「あー今日は何を着て行こう」、「やばい!時間がないけどオシャレして出たい」なんてこと、男も女も共通してありませんか? ありますよね。
どの服を着ようか悩み始めると、どんどんわからなくなってくるものです。
そんな悩める人たちを対象に、今回は「ファッション」や「見た目」の悩みを少しでも解消できればと思い、僕が実際にしているトータルコーディネートのアドバイス的な事を書こうと思います。



オシャレは足元から

服装やオシャレで一番大事なのは、なにより「足元」だと僕は思うのです。
「なぜ足元?」と思いますよね。
実は足元と言うのはトータルコーディネートのバランスを大きく左右する、極めて重要な部分なのです。

トップスでカッコイイ服やカワイイ服を着ていても、足元が「汚れた靴」、「傷だらけの靴」を履いていては意味がありません。

たまに見かけませんか? 白いスニーカーを履いているが、黒い汚れで目立っていたり。
女の人でトップスが可愛らしい服にも関わらず、履いている靴がコンバースのスニーカーだったり。
コンバースのスニーカーを履くのがイケないのではなく、トータルのバランスを考えたときにそれを選択してしまうのが非常にもったいないのです。

白色の履物であれば、しっかりと汚れを落とすなりして、白さを維持して履くことが大切です。
それさえ気を付ければ、着るものが変なデザインだったり、独自性まっしぐらな感じでないかぎり、「清潔感」が増し増しになり、はたから見れば「オシャレな人」という印象がでるはずです。

服のサイズを間違えるべからず

そもそもの話にはなりますが、服のサイズがあっていなければオシャレとは“無縁”と言っても過言ではないでしょう。

大きすぎても、小さすぎても良くありません。
ただし、その時代の流行でサイズ感をワザとずらしたりするのが良かったりするので、これはあくまでシンプルを求めた時の話になります。

そうなると、自分にあったサイズって一体何だろうってなりますよね。
簡単です、自然なボディーラインが見えるものを選ぶということです。

そうすると「私くびれが無い」、「自分は太っているから」なんて話も出てきますよね。
大丈夫です、タイトな服やスキニーパンツを履いたりするということではありません。
重要なのは、服のデザインが体に沿って形になっているフォルムの服を選ぶということが必要であり、それを着る事でよりサイズ感のバランスが良く見えます。

手っ取り早いのは「伸縮性」が高いものを選べばまず大丈夫でしょう。
無理なくボディーラインを見せることができ、機能性も抜群ですからね。

最終的には、上のトップス、下のボトムスを合わせたサイズ感も考えなくてはいけないのですが、人それぞれ、座高や顔の大きさなんかも変わってくるので、自分に合った上下のサイズを確認しつつ、組み合わせてみて見るべきでしょう。

ファッションまとめ

「オシャレへの道~その1~」と言うことで、今回はここまでをまとめます。

・「オシャレは足元から」
履くものは、常にキレイな状態の物を選び、服のテイストと会うものを選ぶべし。

・「服のサイズを間違えるべからず」
自然にボディーラインを見せつつ、上下のサイズ感をバランス良く組み合わせるべし。

服の好みは人それぞれなので、ここでは最低限これを押さえておけばオシャレは何とかなる説を書いてみましたが、いかがでしょう。
正直、ファッションやオシャレに対してそんなに興味が無かったり、自分はそんなにセンスが無い訳じゃないという言い分もあるとは思いますが、これからオシャレや服装に気を付けたいと言う方へ“僕なり”のアドバイスとして受け取ってくれれば幸いです。

最後に一言、「ファッションは、シンプルが一番オシャレに見える」と思いますよ。

ライターはこの人

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image