ばかにゅー.com

占いって一体どれが信用できるの?困ったときの占いはどれ

占いって一体どれが信用できるの?困ったときの占いはどれ

誰しも一度は占いをしたことがあるかと思いますが、信じるかどうかはまた別の話ですね。ただ、何かに迷ったとき、困ったときなどは見えない力に頼りたい時もあり、心が安らぐこともしばしば。

さて、神秘的な力が働いているであろう「占い」ですが、皆さんは占いの種類について興味を持ったことがありますか?

星座占い、動物占い、手相など、占いの種類というのは数知れず存在し、どの占い結果を信じればよいか悩んだ事ってありませんか。

そこで僕はこう考えました、「占いの種類によって、なにを占うかが変わるのではないか」と。

ということで今回は、「占い」の種類、各占いの特徴について調べて見ました。



占いは4つに分かれる


占いには、大きく分けて4つの種類に分類されていることがわかり、「命(めい)」「卜(ぼく)」「相(そう)」「霊(れい)」という4つの言葉で分けられているとのこと。

初耳ですよね。ということはやはり、分類されているのであれば、占いの得意・不得意がありそうですが一体どうなのでしょうか。

この4種類の占いの特徴を見て行きましょう。

「命」は星座占いなどの生年月日から占う


まずは「命」と呼ばれる占術ですが、生まれた時間や場所や、星の動きを主軸に占い、皆さんが良く耳にする星座占いなどがこの「命」と呼ばれる占術となります。

この「命」という占術は、運命・宿命・運勢・性格など、生まれ持った素質、人生などを占う時に最適と言われています。

「卜」はタイミングが重要


この「卜」という占術は、その時に何を思うか、何を考え占うのかが関わってくる占術となります。

すなわち、タロット占いや、おみくじなどが「卜」という占術に当てはまります。

「卜」という占術には、“占ったタイミングに意味がある”という考えと、“物事は偶然ではなく必然”という考えがあり、その都度で占い結果が変わるというもの。

ですから、人の気持ちや、激しく移り変わる状況を占う時に適していると言われています。

「相」は表に出てきていることから占う


「相」という占術は文字通り、人相や手相などをみて占う占術です。それに加え、名前や家具の配置など、風水と呼ばれるのも「相」の占術となります。

この「相」は、今確かに表れている現状も、いつかは変わっていく中での占術となり、「命」と「卜」の間を取った存在とされています。

現状を把握しつつも、どう変わり行くかを想定し占うということでしょう。

「霊」は霊的占い

「霊」も文字通り、霊的占術となり、霊を利用して占うのですが、術者によって占い的中率は大きく変わるのだとか。

なぜなら、霊を操ることはとても難しく、操ろうとした占い師が霊に操られてしまうこともあるとのこと。

一般的な相談内容には答えを導き出せる事が多いと言われているそうですが、中には悪い占い師もいるので、霊的な占いは要注意かもしれません。

4つの占術を比較

さて、占術「命」「卜」「相」「霊」の4つの特徴が分かったところで、まとめてみましょう。

・「命」は、生まれ持ったものを占う
自分の性格、どんな運命なのか気になる人には「命」的な占いがオススメ。

・「卜」は、人の気持ちなどを占う
今、自分がどんな気持ちなのか、どんな状況に置かれているのかが気になる方にオススメ。

・「相」は、現状と移り変わる今後を占う
自分に表れている、現状や今後を改めて考えたい人にオススメ。

・「霊」は、霊を操り何でも占う
正直、霊感的なもの、特殊な人にしか分かりえないものなので、基本的にはなんでもあり!? ただ、霊的な事で困っているようであればオススメかも。

みなさん、いかがだったでしょうか。まとめは、僕なりに解釈し、分かりやすくしたつもりですが、占いを真に受けすぎるのもあまり良くないと思うので、何かのついでにやってみるぐらいの気持ちでいる方が良いかもしれません。

って言いながらも、僕は占いを真に受けてしまいがちですがね。良いことは信じて、悪いことは信じないタイプです。

みなさんも、占いをすることがあれば、自分の意志を大事にしながらやってみてください。結局は、自分がどうしたいかので行動し、その意志の強さが求めているものへと近づけてくれると思いますよ。

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image