ばかにゅー.com

偏頭痛がズキズキして辛いときに効果があった痛みを和らげる方法

偏頭痛がズキズキして辛いときに効果があった痛みを和らげる方法

仕事中に起こる偏頭痛……痛みで作業も捗らないし、何よりやる気も削がれてしまいます。

僕は社会人になって働くようになってから、定期的に頭痛に悩まされるようになりました。

念のため脳神経外科でCT検査もしてもらいましたが、異常は見当たらずとのことで偏頭痛と診断されたのですが、その場合に処方されるのは「痛み止め」だけなんですよね。

アメリカでは治療費が高いからと、痛み止めばかり飲んでいる人が多いそうで、そのせいで別の病気になってしまうことが問題となっていると噂で聞いたことがあります。

頻発する痛みに対して薬で対応するのではなくて、セルフケアができないかと4年ほど模索したところ、効果があった方法をいくつか見つけることができました。

同じように偏頭痛に悩んでいる人の手助けができればと考えて、記事にまとめておくことにします。

医学的に根拠があるのかを僕は断定することはできないので、あくまで参考としてくださいね。



偏頭痛の種類と僕の症状

病院で診断されたときに、偏頭痛にも種類があるということを知りました。

片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛の3種類に大きく分けられ、それぞれに痛みの種類や痛みが起こる条件が異なります。

ここでは、医学的な観点からの話ではなくて、偏頭痛に悩まされて困った実体験からの話をしたいので、詳しい説明は割愛させてもらいます。

僕の症状は片方がズキズキした痛みが続く「片頭痛」と全体的に締め付けられるような「緊張型頭痛」の両方の症状が出ていました。

どちらも症状を感じ始めると徐々に悪化していき、1日が終わる頃には横になっていないと痛みで何も手につかなくなるほど、痛みが増していきます。

病院で処方された痛みどめも、ひどくなってから飲んでしまうと症状が落ち着くまでに1~2時間くらいかかってしまうので、即効性がありません。

だからと言って、毎回違和感を感じた時点で痛み止めを服用してしまうと、先に話した常用による別の病気のリスクをあげることになるので、それは避けたい。

そんな背景でこれから紹介する、薬以外の痛みを和らげる選択肢を探しました。

1日1杯のコーヒーで緩和

偏頭痛に悩まされながら毎日を過ごしていると、特に意識しなくてもどんな日に痛みが起きやすいのかを覚えているようになります。

気圧が下がって天気が悪い日やデスクワークが長時間続く日など、痛みがおきやすい条件の他にコーヒーを朝に1杯飲んだ日は頭痛が起きていないことに気がつきました。

よく調べてみると、コーヒーの中に含まれるカフェインには血管収縮作用があるらしくそれによって偏頭痛が起きにくいようになったのではないかと考えています。

しかし、カフェインは取りすぎるとかえって症状を悪化させることもあるそうなので、痛いからたくさん飲むのではなく、僕と同じように1日1杯にとどめておく方が、良いのではないかと思います。

痛みを感じてからでもコーヒーでの緩和は効果があり、痛み止めと違って30分程度で効果がありました。

コーヒーの香りにはリラックス効果も合間って、痛みが出てしまってからその場でなんとかしたいときには自販機で買えるコーヒーには助けられています。

目をつむって30分の瞑想

なんだかスピリチュアルに感じてしまいますが、偏頭痛が起きているときは外部の光でも痛みが増すことが多いです。

本当は少し仮眠をとってしまうのが良いのですが、その場合には場所や時間も取られてしまい、仕事の合間で行うのは難しいですよね。

瞑想と書きましたが、とりあえず座ったままで良いので顔を天井に向けて、できればタオルのようなものを目の上に被せてじっとしていると頭痛が落ち着きます。

音の刺激も偏頭痛の時には辛いこともあるので、イヤホンを持ち歩いている人であれば音を出さずに装着するとより症状が和らぐのでオススメです。

30分間としたのは、痛みが引いていくまでにあまり時間が少ないと効果を感じにくいためです。

他の人の迷惑にならないようであれば、トイレの中も閉鎖された空間だからか比較的落ち着きやすいので、ゆっくり座っているのが難しい環境であれば候補にしてみてください。

深呼吸を意識した緩和

これは秋から冬にかけてマスクをしている時期に気が付いたことなんですが、酸素が薄い状態での呼吸を長時間続けていると偏頭痛が起きやすいことがありました。

他に紹介した方法に比べて明らかな改善をする対処ではないものの、マスクをしていない状態で起きた偏頭痛に対して深呼吸を意識してすることで、痛みが増す速度を遅延する程度の効果が感じられました。

苦しくない程度にゆっくりと深呼吸を繰り返すことで、痛みに集中する時間を減らし、ストレスからひどくなる偏頭痛の悪化させるのを防いでいるような気がします。

僕なりの対策方法をいくつか紹介させてもらいましたが、こうして書き起こしてみるとストレスを緩和させる行為が偏頭痛を和らげる効果があることを再確認させてくれますね。

偏頭痛は慢性化してまうと完全な対応策がないので、上手に付き合って行く他ありません。

痛み止めでの対処も痛みがひどい時には大切ですが、自分なりのセルフケアについても考えておくと、いざという時に助かるので参考にしておいてくださいね。

頭痛=偏頭痛ではないので、まだ病院で検査をしたことがない場合は、きちんと検査をしておくこともオススメしておきます。

Return Top

Copyrighted Image