ばかにゅー.com

「読書」をする事の大切さを社会に出て感じました。 本を読む習慣を子供のころから付けておくと絶対役立つ!

「読書」をする事の大切さを社会に出て感じました。 本を読む習慣を子供のころから付けておくと絶対役立つ!

僕は昔から、本を読むことが苦手で、まったくと言っていいほど読書をしてこなかった人間です。
漫画本はともかく、小説なんか読む気すらなかったです。

そんな僕が社会人となり、目上の人や、専門家の方と話しをしている中、知らない言葉や、昔から使われている言葉などが行き交うことが良くあります。

もちろん分からない言葉などは調べて理解しているつもりですが、そもそも“活字を読んでいれば分かる言葉”がほとんどだと教えてもらい、本を読むべきだと改めて感じたのです。



本を読むことの大切さ

まず初めに伝えたいのは「本を読むことで、自然と専門的な知識、漢字の読み方、言葉の使い方を学べる」ということが言えます。

本を常日頃から読んでいる人と、まったく読んでいない人とでは、明らかに常識的な知識、対話の仕方が違います。(本を読んでいない僕が、実際に感じた事です)

今になってさまざまな本を読み始めていますが、「読書」を子供のころからやっていれば、本を読むことに対して「拒絶」もなければ、しっかりと「読んだ内容を覚える」などのことが身に付いたはずです。

初めは漫画本でもいいと思う

幼い時に小説を読むことは、ほとんどの人は無いと思います。それはキッカケが無いだけであって、小説を読もうと思えば読めるでしょう。

しかし、幼い時というのは「アニメ」や「戦隊シリーズ」などにハマるものです。
そんな環境の中で、「本を読む」ということを始めるには何が良いか考えた時「漫画本」が有力ではないかと考えます。

もちろん、幼稚園や小学校では絵本や教科書などを読んでいると思いますが、まず自発的に本を読むことが大事です。
そう考えれば、好きなアニメやヒーローの漫画本を取り出すことで、自分が興味を待っているものだからこそ「その本が読みたい」となりますよね。

想像することが大事

興味がある本でも、読み方、考え方で入ってくる情報というのは変化するもです。

たとえば、文章を何も考えずにただ読み上げるのと、文章の内容を一つ一つ想像しながら読むのとでは、記憶に残る読み方は歴然ですよね。

よくこんな事を耳にします。「専門誌を読んだにも関わらず、知識として覚えていない」だったり、「この前読んだ本の内容をもう忘れた」などです。

これらは「想像して読む」ということをしていないのが原因だからと言えます。

これらを踏まえると、本を読むということは、想像をすることと言っても過言ではないのです。

記憶に残すというのは想像すること

まず、読書をしていて想像するということは、空間や物語の人物、景色などをイメージするということです。

冒頭でも言いましたが、興味のあるものに対しては自発的になりますよね。
そういった興味があるものに対しての記憶や知識というのは自然に身に付くものです。

しかしながら、強制的に覚えなくてはいけないことや、まったく興味の無い事を覚える時というのは全然頭に入ってこないですよね。

そう、この二つの違いこそ“想像”しているのかどうかということに繋がります。

「分からいことや、興味がないことに関しては『想像がしにくい』」となり、覚えにくいとなります。

「好きなこと、興味があることに関しては、『想像しやすい』」となり、記憶に残りやすくなるのです。

僕はこういう思考を持つ事でこう考えました。

覚えにくものほど想像力を働かすべき

社会に出れば覚える事は山ほどあります。
そんな中、今まで読書をしなかった自分自身、覚えることも苦手だったのですが、想像力を働かすことで徐々にその成果が現れたのです。

分からない事を想像するときは、まずどういうフォルムをしているのかや、どういう物なのかを調べ、イメージしやすくさせることが大事と言えるでしょう。

もともと勉強嫌いだった自分だったのですが、苦手な事としっかりと向き合う事で、良い方向に物事が進むようになり始めました。
今回題材にさせてもらった「読書」がその苦手分野の一つなのです。

幼いころから本を読む習慣をつける事で、大人になって苦労しなくていいことも避けられると、今になってそう感じています。
「いい歳になってそんなこともわからないの」と言われるのはカッコ悪いですよね。

僕と同じ境遇の方がいれば、ぜひ「読書とは想像すること」を意識して本を読んでみてください。
これを意識することで、間違いなく言えるのは、記憶に残る量が遥かに多くなります。

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image