ばかにゅー.com

チャットで読む小説アプリ「peep」が“シネマ小説”をリリース

チャットで読む小説アプリ「peep」が“シネマ小説”をリリース

チャットという表現方法で小説の物語が進行する、読み物系アプリ「peep(ピープ)」が新規コンテンツとして“動画+テキスト”で構成されたシネマ小説をリリースしました。



「恋愛」と「ホラー」がメイン

まずは、チャット小説アプリ「peep」についてから簡単に紹介。

チャットという言葉の掛け合いを活かして、プロの作家が小説として仕上げた作品が読めるアプリとしてリリースしました。

ジャンルは恋愛とホラーが中心で、背筋が凍る怖い話、キュンとする恋バナなど、オリジナル作品が毎日更新。

無料でも小説が読めますが、時間制限があります。

たくさん読みたい場合は「1ヶ月 960円(税込)」の有料会員になれば読み放題になりますよ。

物語が目の前で進行している感覚

チャットという馴染みがある画面で物語が展開するので、まさに今ストーリーが展開している様な感覚が味わえます。

小説を普段読まない人でも、言葉の掛け合いで進行していくので読みやすく、ふと気づけば時間を忘れて読んでしまいそう。

スマホで観るための映画

そんな、peepが提供する新コンテンツ“シネマ小説”は、縦長のスマホ動画で映像が作られています。

自分のカメラで撮った動画を見ているかの様な映像は、映画とはまた違った臨場感があります。

シネマ小説第一弾『堕罪』あらすじ

目を覚ますと、そこは知らない地下室。

瑛美は、頭に包帯を巻かれた男の死体とともに部屋に監禁されていた。

その模様を録画し、瑛美が想いを寄せる篤志にスマートフォンで送る。謎の死体の周囲にはメッセージが落ちていて、そのメッセージを読み解いていくと……。

短い動画ながら、先の読めない展開に仕上げられている「堕罪」。

動画コンテンツとしても、小説としても楽しめるので、視聴してみてくださいね。

peep-ホラーと恋愛のチャット小説アプリ – Taskey Inc.

Return Top

Copyrighted Image