ばかにゅー.com

Windows 「PC」の「ゲーム」端末が発売! これで”FPS”の頂点を目指せ

Windows 「PC」の「ゲーム」端末が発売! これで”FPS”の頂点を目指せ

ハイパフォーマンスモバイルのWindows PCゲーム端末 「GPD WIN2」が発売するとのことで予約受付を開始します。 ゲーマー視点の開発思想を盛り込んだ進化形PCゲーム端末で、PCゲームを得意とするあなた! これは、絶対に手にしなくてはいけないアイテムですよ。モバイルなので、これでいつでもどこでもPCゲームが楽しめちゃいますね。



「GPD WIN2」とは

多くのゲーマーの夢だった、超大作FPSなどのPCゲームを快適にプレイできる、本格的な携帯ゲーム機となっているのです。テレビやコンピュータの前でしかプレイできなかった多くのゲームを、ポータブルハンドヘルドで実行可能にした初代「GPD WIN」の後継機。「GPD WIN」には、性能と放熱の面でいくつかの欠点があったようですが、「GPD WIN2」は、それらの問題を高次元で解決したようです。

外観デザイン、液晶画面

・外観デザイン
洗練された外観デザインは、ドイツのレッドドット賞受賞チームと共同で開発。Windows 10を搭載し、1,000,000以上のインターネットゲームをサポート。
・液晶画面
シャープ製LCD 6インチ 静電容量式タッチスクリーンを採用。視野角最大178°、画面面積は、前世代のGPD WINと比較して9%増加。Corning Gorilla Glass 4を採用。1,280×720の画面解像度では、典型的な24インチ デスクトップ モニタの2.53倍のPPI。

CPU、グラフィック

・CPU
インテル(R)Core(TM) i7-3770Kのパフォーマンスに近い第7世代のインテル(R)Kaby Lake(TM) Core m3-7Y30プロセッサを搭載。CPU-Zのシングルコア性能スコアが1,244ポイントである非常に高性能CPU。
・グラフィック
CPUコアm3-7y30を補完する第9世代のインテル(R)HDグラフィックス615(24EU実行ユニット、最大900MHzのダイナミック周波数)を搭載。ゲームフレームレートは、第一世代「GPD WIN」と比較して2.2倍向上。

ストレージ、バッテリー

・ストレージ
eMMCに比べて4倍高速のSSDを採用。さらにM.2 2242拡張ポートを備えているので、たくさんのゲームをインストールしたい場合にはストレージの拡張が可能。
・バッテリー
大容量・高密度2×4,900mAhのリチウムポリマー電池を搭載。GPD WIN2の最大ゲームプレイバッテリー寿命は6時間以上。GPD WIN2は、GPD社製品では初のPD 2.0急速充電をサポート。45分以内にバッテリーを半分まで充電可能。

ジョイコン、冷却

・ジョイスティック
フィードバック機能内蔵のアルプス電気製3Dジョイスティックを採用。内蔵された振動フィードバック機能により、想像をこえるゲーム体験を実現。
・冷却
2,000~10,000rpmでダイナミックに回転数を調整できる高出力ターボファンと温度制御機能を内蔵。GPD WIN2で強化された冷却ソリューションは、2,000~10,000rpmでダイナミックに回転数を調整できる高出力ターボファンと、内蔵の温度制御機能で、ゲームの安定稼働に貢献。

販売は6月末から7月初旬の予定

先行予約受付は、エム・シー・エム・ジャパン株式会社の直営web shop 「PLUS ONE dot SHOP(プラスワン・ドット・ショップ)」にて3月14日(水)~4月16日(月)の期間、実施するそうです。先行予約価格は¥78,800(税別)。販売開始を記念して、「GPD WIN2」予約先着50名様には、切手サイズのSSD「KITTE ストレージ」(SSD容量128GB)を進呈など、豪華特典を用意しているみたいです。

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image