ばかにゅー.com

駐輪場の貸し借りをつなぐシェアサービス「Charippa(ちゃりっぱ)」

駐輪場の貸し借りをつなぐシェアサービス「Charippa(ちゃりっぱ)」

弱虫ペダルを見てロードレーサーに乗りたくなった僕です。

とくに都市部の街中を歩くと目につくことが多い自転車の無断駐車。明らかにここ駐輪場じゃないよねって所に何台もの自転車がチェーンをつけて置かれていますよね。

確かに勝手に駐車しておくのはよくないんですが、普段自転車に乗らない僕でも少ないことがわかるくらい駐輪場って少ない。

じゃあ、勝手に止めるんじゃなくて空きスペースを借りればいいじゃんてな感じで新サービスを紹介します。



駐輪場シェアサービス「Charippa(ちゃりっぱ)」

Charippa(ちゃりっぱ)は、自宅や職場のちょっとした空きスペースを駐輪場として、スマホ・PCで簡単に貸し借りできる駐輪場シェアサービスです。

空きスペースを活用することで、駐輪場が慢性的に不足している地域に、新たに駐輪場所を提供することが可能になります。さらに空きスペースを持っている人はそれを貸し出すことで収益を得ることができます。

今までにありそうでなかったサービスですよね。車は難しくても自転車を置いておけるくらいのスペースであれば、提供する側にも敷居が低いので今後利用者が増えていくのでは無いでしょうか。

貸し借りのシステム

内容はとってもシンプル。

貸したい人はサイトで登録、借りたい人はサイトで検索すればいい。

「貸したい人」のメリット

  • 玄関先のスペース、空地、空き家、所有ビルのデッドスペースなど、自転車1台分のスペースがあれば駐輪場経営ができる。
  • 初期費用、月額費など不要、無料で始められる。
  • 定期利用で貸せるため、安定した継続収入が可能。
  • お店の軒先などを貸し出せば、新規客の来店機会促進になる。

「借りたい人」のメリット

  • 駐輪場をWebで探せる。
  • 駅前、バス停、職場付近など、ニーズに合った場所で利用可。
  • 空きスペースの活用のため、お得な料金。
  • 定期利用、一時利用が選べる。
  • 事前に予約ができるため駐輪場の確保が可能。

サービス誕生の背景

深刻な社会問題の1つである放置自転車。駅や商店街から放置自転車を無くしていくためには、現状を考えると駐輪場の設置が必須です。

しかし、都市部では用地確保が困難で駐輪場を増やすことが難しく、依然として不足したまま。この問題をITとアイデアの力で解決し「放置自転車のない、安全・安心・綺麗なまちづくりをしたい」という思いから、Charippaが生まれました。

今後の展開について

2018年度内に、駐輪場需要の高い主要都市をはじめ全国に、1万台分の駐輪場所の確保を目指しています

Charippaは、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを見据えたまちづくりに必要になるサービスだと確信しています。

まだまだ利用者が少なく、始まったばかりのサービスのようですが、自転車を乗る人にも乗らない人にも気持ちの良い環境を目指すことで、本来は便利である自転車の価値が損なわれない環境になるといいですね。

Charippa(ちゃりっぱ)
http://charippa.com/

ライターはこの人

むーさん
また真面目って言われる。

真面目って言うな。ばかやろー。

チップスターうまし。
Return Top

Copyrighted Image