ばかにゅー.com

現代版ほんやくコンニャク「音声自動翻訳機 PERARK(ペラーク)」

現代版ほんやくコンニャク「音声自動翻訳機 PERARK(ペラーク)」

海外旅行の旅先で「言葉が通じればもっと楽しめたのになぁ」と思ったことありませんか?

有名なアニメに出てくるような、長い時間をかけて勉強をしなくても、他国の人と会話できるツールが販売開始するそうです。

なんと対応言語は41カ国にもおよび、大抵の旅行であればコレ1台で言葉の壁とおさらばできますね。



「PERARK(ペラーク)」の機能について

PERARK(ペラーク)は機能を1:1双方向翻訳に絞ったことで、高速な翻訳結果の表示ができます。41か国(地域)もの言語に対応した音声自動翻訳機です。

ただし、翻訳にはWi-Fiネットワークへの接続が必要となるので、旅先で使いたい人は海外用モバイルルーターなどをレンタルして、外での通信が可能になるよう準備をしてください。

操作も簡単だから使いやすい

旅先でとっさに会話が始まったとき、設定に時間がかかるようでは使い物になりませんよね。PERARK(ペラーク)ならその点も大丈夫、シンプルな操作性を追求しているので、すぐに翻訳が可能

操作はボタンを押しながら話すだけのカンタン手順で、気軽に使用が可能です。翻訳文の表示に加え、音声も再生しますので通訳がいるかのようにスムーズなコミュニケーションを実現していますよ。

41ヶ国分の多彩な言語に対応(あいうえお順)

  1. アラビア語(エジプト)
  2. アラビア語(サウジアラビア)
  3. アラビア語(国際)
  4. イタリア語
  5. インドネシア語
  6. ウクライナ語
  7. オランダ語
  8. カタロニア語
  9. ギリシャ語
  10. クロアチア語
  11. スウェーデン語
  12. スペイン語(スペイン)
  13. スペイン語(ラテンアメリカ)
  14. スロバキア語
  15. タイ語
  16. チェコ語
  17. デンマーク語
  18. ドイツ語
  19. トルコ語
  20. ノルウェー語
  21. ハンガリー語
  22. ヒンディー語
  23. フィンランド語
  24. フランス語(カナダ)
  25. フランス語(フランス)
  26. ベトナム語
  27. ヘブライ語
  28. ポーランド語
  29. ポルトガル語(ポルトガル)
  30. ポルトガル語(ブラジル)
  31. ルーマニア語
  32. ロシア語
  33. 英語(イギリス)
  34. 英語(アメリカ)
  35. 英語(インド)
  36. 英語(オーストラリア)
  37. 韓国語
  38. 中国語(簡体字)
  39. 中国語(広東語)
  40. 中国語(繁体字)
  41. 日本語

主要な国はほとんど押さえてあるといった感じですね、冒険家でもない限り、対応言語内で十分そうです。

自動翻訳機 PERARK(ぺラーク)のスペック

画面サイズ:カラー約2.4インチ 240 × 320 ピクセル タッチパネル
CPU:Mediatek MTK6737M クアッドコア ARM-A53 1.1GHz
OS:Android 6.0ベースのカスタムOS
メモリ(ROM):4GB
メモリ(RAM):512MB
外部メモリ:非対応
Bluetooth:非対応
Wi-Fi:802.11 b/g/n
バッテリー容量:1,150mAh
マイク:内蔵マイク
オーディオ:内蔵ダイナミックスピーカー ※音楽ファイル再生は不可
充電時間:普通の充電器をご利用の場合(1.0Aで充電した場合の目安)で約2時間
※急速充電器はご利用できません
連続動作時間:約4~5時間
連続待受時間:約130時間
対応言語:A⇔B翻訳(41か国語対応)
サイズ:幅58.5 × 高さ143.3 × 奥行き13.5 mm
質量:約110グラム
同梱物:本体、USB充電ケーブル、取扱説明書(保証書付)
翻訳結果までのタイムラグ:約3秒 ※ネットワーク環境によって異なります。

展示・販売場所について

展示期間:2018年6月30日(土)

場所:パソコン工房AKIBA STARTUPにて「PERARK(ペラーク)」

住所:東京都千代田区外神田3丁目13番3号TK西館1階

電話番号:03-5289-3230

営業時間:11:00~20:00

製品URL:https://www.pc-koubou.jp/akiba_startup/item/perark.php

膨大な時間をかけなければ無理だった、多言語でのコミュニケーションが1台で可能になる「自動翻訳機 PERARK(ぺラーク)」はまさにド○えもんが出してくれる“未来の道具”のよう

これから海外に行くことを考えている人であれば、展示会場で一度使ってみるといいかもしれませんね。

Return Top

Copyrighted Image