ばかにゅー.com

“会社の迷惑電話対応から解放されたい”撃退対策「トビラフォンBiz」

“会社の迷惑電話対応から解放されたい”撃退対策「トビラフォンBiz」

今日は週末、休日に向けて大急ぎで溜まっている仕事を片付けている最中、不意に鳴りだすオフィスの電話。返答を待っていたクライアントからの連絡かと思い即座に反応したら受話器の向こう側から聞こえてきたのは「投資用のマンションを購入しませんか?」という迷惑電話だった、そんなイラっとする経験ありますよね。

さらに厄介なのが、迷惑電話は一度リストアップされると、いくら断ったとしても、しつこく何度もかけてくること。しまいには断っている途中に迷惑業者の方から無言で電話を切られるなんて屈辱的なことも……

さぁ、これからと本腰を入れて仕事に取り組んでいる最中の迷惑電話は、対応するだけでもタイムロスが発生する上に、仕事のやる気も削がれるのでパフォーマンスが落ちるのも当然です。迷惑電話は対応のやり方を変えても効果が薄く、根本的な対応が必要になるのをご存知ですか?



“迷惑電話”の現状は恐ろしい

実は、迷惑電話にはしつこい以外にも「え!そんなことまで?」と驚くような事例がいくつもあります。例えば、断ろうとすると「家族に危害が加わるかもな」、「お前の家に火をつけてやる」など脅しをかける業者もあるのだとか。

逆ギレとも言える行為ですが、相手がどこまでこちらの情報を手に入れているのか分かりません。普通に仕事をしているだけなのに、迷惑電話のせいで、ただの脅しだったと確信できるまでの数日間を怯えて過ごさなければいけなくなるなんて許せないですよね。

理不尽な迷惑電話に対抗するには、着信拒否をしてしまうのが一番ですが、家庭用の電話と違いオフィスの電話は専門業者に頼んで設定をしてもらうので、簡単に変更することができません。さらに、電話をかけてくる業者は、そんな時のための番号をいくつも用意しているので、もう使えない番号だと判断すると別の番号で再び電話をしてくるので、完全にイタチごっこになってしまいます。

自動で迷惑電話を拒否してくれる「トビラフォンBiz」

迷惑電話に対する改善策が少ない中、対応を試行錯誤するよりも確実に効果を出してくれる機器があります。それが、トビラシステムズから販売されている「トビラフォンBiz」です。

こちらのシステムは、繋いだ瞬間からトビラシステムズが管理するサーバー情報を元に増え続ける迷惑電話を強力にブロックしてくれるという機器で、同じ製品を導入している企業からの迷惑番号データを自動蓄積する機能を備えています。そのため、自社にまだかかってきていない迷惑業者からの番号もブロック対象に含めてくれます。

もちろん、ユーザーが簡単な管理画面から個別に拒否番号を追加することもできるので、今すぐブロックしたい迷惑番号にも対応できます。

トビラシステムズの迷惑番号データは、皆さんもよく知っているソフトバンクにデータを提供しているほど、精度が高いデータです。常に更新を続けているので、今後増えていく迷惑番号にも安心ですね。

拒否できるだけじゃない「通話録音機能」

「トビラフォンBiz」には迷惑電話ブロック機能の他にも、日常業務に便利な「通話録音機能」を備えています。ですが、通話録音と聞いても業務に結びつくメリットが思いつかない方もいるのではないでしょうか。

想像してみてください、忙しい時に受けた電話対応で「株式会社〇〇の××と申しますが〜」などの問い合わせがあった時、担当者不在で引き継ぎができない場合。

「あれ、誰からかかってきたんだっけ?」

と、相手先の情報を忘れてしまうことが誰でも起こります。そんな時でも相手にかけ直すことなく、録音データを確認できれば相手に不快な思いをさせずに引き継ぐことができますよね。

また他にもビジネス上で、言ったはず、言われたはず、などの水掛け論になる場合。その相手がクライアントなどの重要な相手であればあるほど、慎重な対応が求められるので通話録音されていることで防げるリスクがあることは、お判りいただけるかと思います。

機器導入に必要な条件について

記事を読んでいるあなたが会社のシステム担当者でなくても、導入可能かの調査はそこまで難しくありません。「トビラフォンBiz」を導入するにあたって必要な条件は、主に2つです。

ビジネスフォンと呼ばれるオフィス専用電話であること。(内線が付与されている)

オフィスの電話回線がNTTひかり電話もしくはKDDI光ダイレクト、NTTコミュニケーションズ Arcstar IP Voiceであること。

以上を満たしている必要があります。

部署が別れているような数十人規模以上の会社であれば、代表番号がいくつか必要になるため、①の条件については満たしていることがほとんどです。②については、通話料金の支払い担当か電話業者に確認すれば回答がもらえるので問題ありません。

導入までの手順や商品についてのさらに詳しい内容は、トビラシステムズの製品ページから確認して相談するか、「トビラフォンBiz」の取り扱い業者に依頼をすれば、必要な作業も含めて調査・見積りをしてもらえますよ。

会社が迷惑電話の対応策を考えてくれるのを待っていても、その時がいつになるのか分かりません。何か方法がないか、とこちらの記事にたどり着いた迷惑電話にお困りのかたは、記事内容や商品ページを参考に会社に掛け合ってみてはいかがでしょうか。

Return Top

Copyrighted Image