ばかにゅー.com

雨の日の救世主、“てるてる坊主”のヒミツ知ってる?

雨の日の救世主、“てるてる坊主”のヒミツ知ってる?

雨が降って欲しくないイベントの時に、てるてる坊主に晴れの日を願った経験がありますよね。

可愛らしい見た目からは想像できない、悲しい裏話があるのを知っている人は少ないのではないでしょうか。

本来はこんな昔話に起因している風習なのです……



起源は中国の昔話

日本の風習というイメージが強く持たれている「てるてる坊主」ですが、実は中国に伝わる詩を元にしているとされています。

切り紙が得意な美しい娘が住む村。そこに街を覆うほどの大雨が降りました。村の人々と娘は、早くこの雨が上がることを祈りますが、願いも虚しく雨が降り続けます。

そんな日が続いたある日、天から声が聞こえます。

「切り紙が得意な美しい娘を嫁として差し出せば雨を止めてやろう、さもなくば町を水没させてやる」

町を救うため娘が生贄に捧げられ、あれだけ願っても降り続いた雨はピタリと降り止んだそうです。

久しぶりに晴れ晴れとした空は、雲を箒(ほうき)で掃いたようだったとしています。

人々は犠牲になった娘を想い、雨が続くと箒を手に持った女の子を切り紙にして吊るすようになったのが、「てるてる坊主」の起源だそうです。

あんなに可愛らしい「てるてる坊主」にこのような悲しい話があることを知っている人は極少数でしょう。

てるてる坊主の正しい願いかた

ニコニコの笑顔で顔を描いて家に吊るしておけばいいと思われていますが、それは間違っているんです。

てるてる坊主の顔を描くのは、実は晴れたあと。もし顔を描かないとなんだか怖いと思うのであれば、左目以外を描いて吊るすのも間違いではないようです。

ただし、気をつけなければいけないのが、願いを叶えてくれた「てるてる坊主」の処分方法。

顔を描いて燃えるゴミでポイしてはいけませんよ、「てるてる坊主」の歌詞にある通りにお酒をかけて供養をしてから処分しましょう。

歌詞の通りに「あまいお酒」をあげるのもいいかもしれませんね。

黒いてるてる坊主について

本来は晴れの日を願うのが「てるてる坊主」ですが、逆に雨を願う時には逆さに吊るしておくと聞いたことがあると思います。

それ以外の方法で雨を願う場合、「黒いてるてる坊主」というやり方があるようです。

これについては、調べて見たのですがなぜ黒くするのか分かりませんでした。個人的な憶測ですが雨雲の色をグレーで表現することが多いので、そこに由来しているのでは……

ここまで読んで「てるてる坊主」ついて数々の知られていない真実があったと思います。

これから先「てるてる坊主」に願う日があったとしたら、この記事で読んだことを思い出してあげてくださいね。

Return Top

Copyrighted Image