ばかにゅー.com

飲みニケーションの必要性はあるの? お酒の場でしか話せない事もあるんじゃないのかな……

飲みニケーションの必要性はあるの? お酒の場でしか話せない事もあるんじゃないのかな……

社会人になるとお酒を飲む機会が多くなりますよね。
上司、同僚、接待などといった、付き合いで飲みに行ったり、仕事柄飲みに行かなくてはいけないなどの理由がどうしても出てくると思うのです。
今回は、そんなお酒の付き合い“飲みニケーション”とは本当に必要なのかどうかを少し考えてみることにしました。



飲みニケーションのデメリットは?

人間関係を築くことがメインだと思う「飲み二ケーション」ですが、まずお酒が飲めない人やお酒が苦手な人にとってはそもそも行きたくない場だとは思うのです。

もちろん、お酒が飲めなくてもそういう集まりが好きな人もいますけどね。それは一旦置いときます。

お酒を飲んでいる人と素面(しらふ)の人とでは温度差があるものです。
素面の人からすれば、「この人は何言っているんだか」、「説教が始まった」など、お酒の場になると現れる、やたら“しゃべる人”や、なにかと“説教”をしてくる人っていますよね。

そういう人との付き合いが、結果的に「めんどくさい」や「行きたくない」に繋がるのではないでしょうか。
これは、上司や会社相手に限った事ではなく、友達や同僚も同様だと思います。

お互いにお酒を飲む立場であっても、普段言えないことや、グチなどが飛び交う事も出てくると思います。互いに共感できる事であれば苦ではないと思いますが、一方的な話になるとつらいですよね。

こういった中でのデメリットとしては、気を使うという意味で「ストレス」や「疲れる」といった精神的疲労が出てくる事でしょう。

飲みニケーションのメリットは?

お酒を飲む事で、聞きづらかったことが聞けたり、言いたかった事が言えたりすると思うのです。そうする事で、人への理解だったり、考え方や心境を聞けたりするので、前向きになれたり、喜びを分かち合ったりと、楽しい気持ちになれるのではないでしょうか。

そしてなにより、「人と人との距離が急激的に近づく事ができる方法」と言えるのではないでしょうか。

全然話をした事がない人や、初めてお会いした人などとお酒を酌み交わす事で、普段はこんなに突っ込んだ話をしないのに、グイグイと積極的になれたり、笑顔が自然に出せたりすると思うのです。

今ではテレビでも、「本音ではしご酒」だったり、「朝までハシゴの旅」だったりと、お酒を飲む事が番組となっていたりしますよね。

飲みニケーションのメリットを考えるのであれば、「人と仲良くなれる」や、「和解ができる」などと言った事ではないでしょうか。

まとめ

ここまで振り返ってみてどうでしょう。

良いとこもあれば、悪いとこもあると言った感じで書かせてもらいましたが、自分なりにまとめると、「行くことに意味がある」と思います。行きたくない人の気持ちも分かっているつもりですが、無理にとは言いません。

ただ僕が言いたいのは、飲みニケーションで知らず知らずのうちに自分のタメになっている事が多いと言う事です。仕事で繋がったり、人の人生観に触れられたりなどと、その形はさまざまですが、得られる物は常にあると感じています。

飲みニケーションが好きな人は続けるべきですし、嫌いな人はたまに付き合いなどでいってみた方がいいと思います。

ただ嫌いで行きたくないって考えを持っているのであれば、「なにかを学びに行く」といった考えをしてみるのもいいかもしれませんよ。

最後に、飲み過ぎには注意して下さい。

ライターはこの人

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image