ばかにゅー.com

「人生で“行きたくない飲み会”ほど嫌な行事は無い」と思わない?

「人生で“行きたくない飲み会”ほど嫌な行事は無い」と思わない?

単純に飲んでいればハッピーなアル中さんは置いておいて、大抵の人は誰と飲むか、どこで飲むのかが重要な飲み会。

生きている上でやらなきゃいけない行事や決まりがある中でも、仕事や人付き合いで“行きたくない飲み会”に参加しなければいけない時って死ぬほどテンション下がりますよね。



飲み会から接待に変わる境界線

そもそも飲み会でコミュニケーションが円滑に進むのは分かってるんですよ。

人見知りな人は特に、日常生活では打ち解けずらい人とでもアルコールというプールの中でみんなで溺れている中でなら、アレコレ考えすぎずに話ができる。

こう言っちゃなんですが、チートツール(不正改造プログラム)みたいなもんですよね。

コミュニケーションが上手くいく事と“楽しい”のとは別のこと、どんなに話が盛り上がったとしてもお酒って誰と飲むかで義務にもなるし、幸せなひとときにもなります。

義務と感じるような飲み会は、集まりの名前は同じでも接待という名の仕事に変わっている事の方がほとんど。

過度に誘われると何度も断りずらいから「行きます」という言葉を強制されているようで、ここまでくるとコミュニケーションを円滑にするどころか、むしろ逆効果になりますよね。

誘う場合も誘われる場合も、「とりあえず飲み会!」ではなくてお互いに興味を持つくらいの関係性が出来てからが間違いないのではないでしょうか。

どうしたら飲み会を断れるのか?

一番やってはいけないのがドタキャンです。

断りずらかったから、一度は参加する旨で返事をしたものの後になって行きたくない気持ちが積もり、ギリギリまで言い出せずに理由をつけて当日キャンセル。

最悪です。いかに気の乗らない相手だとはいえ、その日のお店を予約する手間やスケジュールを空けて準備していた相手が当日になって来れないと分かったらどのように思うでしょうか?

どんな理由があったとしても、嫌な気持ちになるのは間違いないわけで、絶対にプラスにはなりませんよね。

では、どうやって断ろうか。

残念ながら、そもそも断りずらい関係性にあるような場面で何もしないで済むほど人生甘くはありません。

ならば代替案を出して妥協してもらいましょう。

ランチならどの会社でも1時間と時間が決まっているので、何時に終わるか分からない飲み会に参加するよりも圧倒的に良いと思いませんか?

単純に「ランチならいいですよ」とか言っちゃうとトゲがあると感じる人もいるので、しっかりと話が聞ける場所の方がいいのでなど、もっともらしい理由を付け加えるのがポイントです。

仕事と仕事の間を使うことで、プライベートの時間を極力浪費せずに人間関係も保つことができる事を考えるとこの辺りが妥協ラインになってくるのではないでしょうか。

アルコールが弱い人の対策術

それでも断りきれずに、参加しないといけない場合にアルコールが弱い人で周りに言い出せずにいるような場合では、どう飲み会を乗り切るのがベストか考えてみました。

僕は飲める側の人間なので、そこを活かして「飲んでいる人がなるべく気がつかない=雰囲気が壊れない」の方程式を成り立たせるべく、対策を挙げてみたいと思います。

ズバリ、配膳係に徹する事です!

何かをしてて忙しそうな人は、お酒を飲んでる側から透明人間になります。

一番大切なのが、お酒をたくさん飲んでいないのに飲んでいるように思わせる事です。

「生2つとレモンサワーください!」みたいに他人の注文をまとめてオーダーしていれば、自分のお酒を注文しなくても気づかれません。

酔っている人は良かれと思って盛り上がっていない人に絡みがちなので、ぼーっとしている姿に気がつかれると注目されてしまうと、お酒を飲まされることになります。

出来るだけその場にいるのに注目されない部屋の観葉植物のように、存在を主張しながらも誰からの干渉も受けない立ち回りが重要になるということです。

それでもやっぱり行きたくない

たとえ飲み会の対処法を心得ていようとも、行きたくない気持ちを変えることは難しいですよね。

実際にお酒が飲めない編集部員にどうしているのか聞いたところ、初めからお酒が飲めないと公言し続けていると、自然とそれで許される雰囲気になるそうです。

ただあまり露骨に「誘わないで!」というスタンスが出ていると、飲み会以外での人間関係にも影響してしまいそうなので、誘われたら行きますよ程度の受け答えはしておく方がいいでしょう。

上司もいきなりプライベートの誘いをするわけにもいかないので、飲み会という比較的誘いやすいシーンを作って、関係性を円滑にしたいという面もあるのである程度は許容してあげてくださいね。

飲み会が嫌いな人にとっては“飲みニケーション”なんて迷惑な言葉ですが、会社によっては手当まで出して推奨しているところあるそう。

これからも有用性も理解した上で、無理のない範囲で付き合っていくしかなそうです。

Return Top

Copyrighted Image