ばかにゅー.com

1月31日に見られる皆既月食のお供に「Moon Book」

1月31日に見られる皆既月食のお供に「Moon Book」

昨日、歯が3本抜ける夢を見ました。
前歯上下2本と奥歯が1本。グラグラしていて触ったら抜けて、元に戻そうと差し直すも完全に抜けてしまっている夢。
歯が抜ける夢はあまりいい夢じゃないらしいです。でも夢で良かった。

どうでもいい話をしてしまいましたが、知っていましたか? 2018年1月31日(水)に日本全国で月食が見られます。
国内で前回皆既月食が見られたのは2015年4月4日で、今回は約3年ぶりです。皆既食中は月が赤銅色に染まり、とても幻想的な光景が見られることができます。
ということで今回はそんな皆既月食をより楽しむためのアプリを紹介します。



月食の案内役に「Moon Book」

月食の始まりや終了は日本全国同時ですが、地域によって見える月の位置が変わります。
「Moon Book」の“月食モード”では、現在置や任意の観察地を設定して、月食の様子をシミュレーション表示できます。遠隔地に出かける場合でも、予め欠け始めの月の位置を知ることができます。(タイムゾーンの設定変更が可能。現地時間で月食の様子を確認できます。)
“月食モード”時に画面左上の月の画像をタップすると、月食の状況を、時間を追ってサムネイル表示することができます。サムネイルの時間間隔を変更することも可能です。

またアプリ初回起動時に、“月食モード”のチュートリアルがあります。これにより、“月食モード”の基本操作を簡単に覚えることもできます。
「Moon Book」で月食の様子をシミュレーションするなど、観察の事前準備をして、普段見ることのない神秘的な色をした“月の姿”を楽しみましょう。

皆既月食が終わったら星空観察に

月食表示モードを終了すると、現在地で今見えている星空の様子を知ることも可能です。端末をかざした方向にある星空の様子を、リアルタイムに星図(星空の地図)で表示します。地平線下の星図も表示できます。
もちろん、星座の情報も知ることができます。
冬は空気が澄んでいて星がよく見えます。仕事の帰り道に少し寄り道して、コーヒー飲みながら星空を見上げるのもいいかもしれません。

ナイトビジョンモードで目に優しく

設定画面でナイトビジョンをオンにすると、星図の表示を夜間観察用の、目に刺激の少ないアンバー表示に切り替えることができます。
何気ない機能ですが夜間用に画面が暗くなるのは、目にも優しいですが、何より雰囲気的に大切ですね。せっかく星をみているのにスマホの画面が邪魔になっていたら意味がないですからね。

さあ皆既月食は明後日1/31です。
約3年ぶり、せっかくなのでお酒片手に月見酒と大人に楽しんでみては?

Moon Book – Vixen Co.,Ltd.

Return Top

Copyrighted Image