ばかにゅー.com

定額制乾杯アプリ「GUBIT」7月6日よりサービス開始

定額制乾杯アプリ「GUBIT」7月6日よりサービス開始

毎日晩酌をしているみなさん、お酒好きなみなさんに朗報です。
株式会社GUBITから、月額980円(税抜)で毎日1杯のドリンクの提供を受けられる、定額制乾杯アプリ「GUBIT」のリリースが7月6日より始まります。

今までばかにゅーの記事内で様々な定額制のサービスをご紹介してきましたが、また新しいお酒の定額サービスです。気になるでしょう。ご紹介していきます。



月額980円で毎日1杯飲むことができる

GUBITは、会員登録し月額980円(税抜)のプラン(以下「月額プラン」)を購入することで、GUBITアプリ(iOS・Android)に掲載されている飲食店であればどこでも、毎日1杯ドリンクの提供を受けることができるサービスです。
ユーザーは加盟店各店で提供されるドリンクを、事前にアプリ上で写真付きで確認することができます。その日の気分や自分の好みに応じたドリンクからお店を選ぶことができるのです。さらに、ビールとハイボールに関しては、そのブランドや銘柄もアプリ上で確認することができます。

GUBITアプリは2018年7月6日より配信開始です。
ドリンクの提供を受けられるエリアは、まず首都圏の加盟店から。リリース直後は利用できる人が限られていしまいますが、準備が整い次第、今後は関西、名古屋、福岡などの大都市エリアへの対象店舗拡大も予定しているそうです。エリアが広がり、加盟店も増えれば、例えば旅行先なんかで地ビールを試しに1杯頂く、なんて使い方もできるかもしれませんね。

1杯飲めるだけではなく、さらなる付加価値を

GUBITでは1日1杯の提供だけではなく、様々な機能の追加を予定しているようです。
例えば、友人へのドリンクプレゼント機能や、利用頻度に応じてクーポンを発行するなど、GUBITユーザーの乾杯タイムをより楽しく充実したものにできる機能など。せっかく、1杯いただきにお店の中まで行くわけですから、入り口でバイバイじゃなくて、さらに入った先でも楽しめる、活躍してくれる、そんなアプリになってくれるとありがたいですね。

・加盟店のコスト負担はゼロ
さてちなみに加盟店側のお話ですが、GUBITに加盟店としてご登録いただくには、初期費用や月額費用などは一切かからないそうです。
加盟店として参加いただく条件は、GUBITユーザーに通常メニューに掲載されているドリンクの中から事前に指定したドリンクをご提供いただくことに同意いただくだけ。さらに、GUBITユーザーに提供いただいたドリンク数に応じたインセンティブまで用意しているそうです!加盟店は大きなコスト負担なく、飲食店の利用頻度の高い層にリーチすることができると。

GUBITのユーザーは、サービスの特性上、比較的飲食店の利用頻度の高い方たちが中心になることが考えられます。そのためGUBITユーザーは、お店にとってインフルエンサーにもなり得る存在であり、また新たな常連客にもなり得る存在であります。
競争が激しい飲食業界においては、集客に今以上のコストを割くことは厳しいのが実情です。そのような状況でGUBITは、初期費用や月額費用なしに、従来までの方法では難しかった飲食店の利用頻度の高い層だけにリーチできるマーケティングツールとしても利用することができるのではないでしょうか。

と、加盟店側で考えてもとてもお得なシステムになっています。コストは掛からない、お店の宣伝にはなる、しかもインセンティブまで考えているのだから。

「GUBIT」の概要

さて今回ご紹介した定額乾杯アプリ「GUBIT」。
サービス開始は7月6日よりで、使えるエリアは首都圏のローンチパートナーおよそ100店舗からです。なんてたって月額980円ですから、月2杯以上お店でお酒を飲む人は登録しといて損はしない気がします。ユーザーが増えて、拡大エリアが広がって、加盟店舗が増えて、ドリンクの種類も増えて、と倍々に増えていったら最高なサービスになること間違いありませんね。
【加盟店:肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場】

【定額制乾杯アプリ「GUBIT」概要】
開始日   :2018年7月6日
月額費用  :980円(税抜)
エリア   :首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
利用可能時間:15:00以降、加盟店各店の営業時間中利用可能
URL    :https://gubit.jp/

Return Top

Copyrighted Image