ばかにゅー.com

ショベルカーが踏んでも大丈夫!250個限定 耐衝撃&保冷力に優れたクーラーボックス

ショベルカーが踏んでも大丈夫!250個限定 耐衝撃&保冷力に優れたクーラーボックス

ライソン株式会社が展開するアウトドアブランド「OUTDOOR MAN」(アウトドアマン)が、インディペンデントアーム式回転成形でつくられた耐衝撃&保冷力に優れたハードクーラーボックスをMAKUAKEにて250個限定でクラウドファンディングを開始します。
​URL:https://www.makuake.com/project/outdoor_man/
商品の出荷は2月末ごろを予定し、参考価格は40,000円(税抜)になります。

クーラーボックスなのに高い、と思ったでしょう。
高いんです。高いんですけど、ただそれにはそれなりの理由があるワケです。このクーラーボックスがどれだけ優れている商品なのかご紹介していきます。



「OUTDOOR MAN インペリアルクーラーボックス」

ライソンが今回発売する「OUTDOOR MAN インペリアルクーラーボックス」は、アウトドアやバーベキューをはじめたばかりの人なら誰しもが経験する「クーラーボックスの取っ手が壊れる」、「食材を詰めてバーベキューに行った時に氷が溶けて食材を無駄にしてしまう」といったことがないように開発されました。

この商品のポイントは
インディペンデントアーム式回転成形により強度・保冷力に優れたクーラーボックスを実現
ショベルカー(3トン)が踏んでも潰れない強度を実現
成形後に発泡ポリウレタンを注入することにより、約1週間氷が溶けきらない保冷力を実現
アウトドアで活躍する機能が盛りだくさん!

インディペンデントアーム式回転成形とは、回転方式が二軸運動になっており、金型を惑星運動させることで、凹凸の多い非対称の複雑な形状でもつなぎ目なく成形できるようになっています。

この成形方法では1つのクーラーボックスを成形するのに約1.5時間必要となるため、1日に6台しか生産できないんだそうです。6台作ると約9時間。人間の作業時間として考えると中に休憩1時間入れるとして、1時間残業しているということですね。しかも作業内容はぐるぐる回ること。
これがどんなに体力作業なことだか。たかがクーラーボックスと侮ることなかれ、1つを作るのにめちゃくちゃ工程がかかっているわけです。

このクーラーボックスのスゴいところ

■強度について
ショベルカー(3トン)が踏んでも潰れない
約10メートルの高さから落としても壊れない
*検証のためにおこないましたが、実際にこのような扱い方はしないでください。

めちゃくちゃ頑丈です。でも真似しないでください。YouTubeなんかに検証動画とかいって動画あげたら怒られちゃいます。

■保冷力について
インディペンデントアーム式回転成形を採用することにより、成形後に発泡ポリウレタンを注入します。
発泡ポリウレタンの厚みは約3.8cmあり、保冷力を高めています。

また自社調べにはなりますが、23度の環境下で約1週間、氷が溶けきらないことを確認しています。
現在、第三者機関にて正確なテストをおこなっています。


スゴい保冷力。今年のゴールデンウイーク、丸々キャンプしても問題ないかもしれません。

■アウトドアで使える機能も備えています
瓶を開封するための『栓抜き』
南京錠(別売り)を装着するための『ホール』
重くなっても楽に運べる鉄製の『ハンドル』
付属品で肩にかけることができる『ショルダーベルト』

使い勝手の良さも魅力の一つ。これあると便利っていうプラスアルファの機能が備えられています。

商品の概要について

最後に今回ご紹介した商品の詳しい情報について記載します。

■製品仕様
サイズ
外側 約W530×D355×H350mm
内側 約W420×D260×H230mm

重量
約5.2kg

容量
約25L

・収納目安
350ml缶:約36本 または 2Lペットボトル:約4本
*市販されている一般的な飲料容器を元に計算しています。
容器に形状よって収納数は前後します。
また、氷や保冷剤を入れずに飲料容器を詰めた場合の数量となります。

・保冷性能
外気温40度の状態で氷の残存率が8時間後に約89%
JIS S2048:2006(携帯用クーラーボックス)の簡便法の試験方法を参考に
一般財団法人 日本文化用品安全試験所にて検査

材質
本体:LLDPE、HDPE、 ハンドル:鉄、 断熱材:発泡ポリウレタン
付属品
ショルダーベルト
材質:ポリプロピレン繊維

参考価格
40,000円(税抜)

■今後について
クラウドファンディング終了後は、インターネット、アウトドアショップを通じて一般のお客様に販売します。

間違いなく一生もののクーラーボックスになることは間違いありませんね。
ヒロシさんやカンニング竹山さんなどのキャンプ動画が注目を浴びた昨年、今年もキャンプブームが起こるかもしれません。

Return Top

Copyrighted Image