ばかにゅー.com

失敗したアイデアを売買「junk mart」事前登録開始

失敗したアイデアを売買「junk mart」事前登録開始

先日の休みの日は何をしていましたか。
私は土日両日ともにアニメを見て過ごしていました。
何を観ていたのか。

「キルラキル」です。
すんげえおもしれえんですよ。満艦飾マコちゃんがすげえおもしれえんですよ。
おすすめです。

neStone株式会社は、失敗したアイデア限定の売買プラットフォーム「junk mart」の事前登録を2018年4月13日(金)に開始しました。
まずはアイデアの登録と購入の事前予約を対応しており、実際の契約や取引のサポートは順次対応していくとのことです。

失敗したアイデアを売買するというまた新しいサービス。
ご紹介していきます。



「junk mart」とは

「junk mart」とは、「実現できなかったビジネスアイデア」や「失敗したビジネス」が集まるプラットフォームです。
プラットフォーム上でそれらを販売し、有効に活用できる買い手を見つけることで、ビジネス・クリエイティブの両分野でのアップサイクル実現を目的としています。

・時代を先取りすぎて流行らなかったWebサービスやアプリ
・絶対いけると思ってたのにリリース直前で頓挫したプロダクト
・クラウドファンディングで目標に到達しなかったアイデア
・奇をてらいすぎて一般ウケしなかったゲーム等のデジタルコンテンツ
・自信はあったのにコンペで落とされた企画書
・いつかやろうと思ってたのにモチベーションが枯れた何か

などなど。思いついたものの様々な理由で芽を出すことのできなかった“アイデア”をjunk martでは出品することができます。
買う側は出品されているアイデアを閲覧し、これならうちで実現できるというものは買うことができる。

そんな新しいサービスになっています。

junk martが生まれた背景

昨今、日本のIT系ベンチャー企業数の増加が進んでおり、多くの新サービスが立ち上げられています。
しかしながら、「資金が足りなくなった」「エンジニアがいきなり退職した」「経営者の気が変わった」「投資家と意見が合わなかった」等の、クオリティとは全く関係のない理由で多くの可能性のあるサービスが終了したり、アイデアが実現せずに終わっているという実態もあります。

社会的には一定の成功をしたアイデアや、成功しそうなアイデアにのみ注目が集中しており、こういった既に失敗したアイデアを対象としたサービスはありませんでした。

当サービスは、「サービス提供は既に終了したが、復活すれば流行る可能性のあるアイデア」にのみ注目しています。
復活・流行させられるリソースやノウハウのある企業または個人に、そういったアイデアを売ることで、ビジネスやクリエイティブの両分野でアップサイクルを生み出すことを目的としています。

当サービスで取り扱うのはビジネスアイデアだけでなく、「クラウドファンディングで失敗した製品」や「制作段階でボツになったゲームコンテンツ」など様々なジャンルのアイデアを取り扱ってく予定です。

要は宙に浮いてしまったアイデアを誰かが買取り、実現させる。
アイデアとそれを実現する力を持つ人を繋ぐためのサービスといったところでしょうか。

junk martの利用方法

さて最後に利用方法についてです。
スマホ・PCからWebサイトにアクセスすることで利用が可能になります。
売り手のユーザーはアイデアの出品を最短2タップで行えます。
買い手のユーザーはサイト上で自由にアイデアの閲覧・検索ができ、気に入ったアイデアがあれば事前予約ができます。

サービスURL: https://junkm.art/

単純明白ですね。
まだ事前登録の段階なので売買等はできません。アイデアの登録と購入の事前予約のみとなっております。

なかなかアイデアというものは簡単に思いつきませんからね。
ベンチャー企業にとってはありがたいサービスと言えるかもしれません。

弊社でもサービスが開始したらチェックしなければ。

Return Top

Copyrighted Image