ばかにゅー.com

PS4「スパイダーマン」が想定以上に売れてる理由はこれかも

PS4「スパイダーマン」が想定以上に売れてる理由はこれかも

2018年9月7日(金)に発売したPS4ソフト「Marvel’s Spider-Man」が、発売初日から売れに売れている。オンラインショップでも軒並み売り切れ、もちろん店頭の在庫も無いようだ。

事前予約をしてなかった僕だったが、ラッキーなことに翌々日に緊急入荷した在庫を家電量販店でゲットすることができたので、「なぜこんなにも売れているのか?」について、実際にプレイした感想から考えてみることにした。

ネタバレは極力しないようにするので安心して読んでほしい。



ニューヨークを爽快に飛び回れる

この記事を見ている人は、「Marvel’s Spider-Man」の紹介動画で、スパイダーマンがクモの糸で映画さながらにニューヨークの街を飛び回る映像を見ていると思う。

きっとそこに惹かれた人が多いように、僕自身も映像を見て、購入を決めたひとりだ。

今想像しているように、細部まで作り込まれた街中をビュンビュンと移動できるのは、とても爽快。むしろ、しばらく飛び回っているだけでも楽しいくらい。

オープンワールドなので、自分の好きなところに行けるし、移動に必要な操作は難しくないので、スパイディーが好きな人はもちろん、アクションゲームが好きなひとにも刺さるだろう。

指がすごく忙しいけど

バトルの難易度が3つから選べる仕様になっているのだが、ノーマルモードを選んでもアクションゲームが得意じゃない僕には慣れるまでは難しかった。

ヴィラン(敵)のスタイルに合わせて、こちら側のバトル方法を考えながら戦わなきゃいけないから、ポチポチ押してればなんとなく勝てるようなゲームと比べると敷居は高い印象。

だけど、想定外にカッコイイ動きで敵を倒したときは、めちゃくちゃ気分がいい。たとえ負けたとしても、心が折れない程度のチェックポイントからの再開になるので、諦めずにチャレンジできる。

ただ、あまりにも必死にプレイすると、急に腕の筋を痛めてボタンが押せなくなり、スパイダーマンが敵にボッコボコにされているのを悶絶しながら見るハメになるので、気をつけてほしい。

コスチュームを着せ替えすると気分が変わる

メインストーリーの他に、やり込み要素となるサブイベントが豊富に用意されている本作では、クリアした時にもらえるポイントを使って装備やコスチュームを変更することができる。

一見すると「え、これもスパイダーマン?」と疑いたくなるようなコスチュームも存在してるので、飽きずにプレイできる。

その他にも、操作性が変わるスキルの解放など、使ってみたい機能が多く存在するので、ついついポイントを貯めたくてメインストーリーを放置してしまうこともある。

だから売れるのかもしれない

【PS4】Marvel's Spider-Man

ここ最近のマーベルシリーズ人気を考えても、スパイダーマンというコンテンツで話題になっている点もあるが、冒頭で話した街中を飛び回る映像から興味をもって購入した人が多いように思う。

ゲーム内容もバランスがよく、楽しめる。僕のように実際にプレイした人からも評価が高く、Amazonでは4.3という最近の中では抜群に良いスコア。

欲を言えば、オンライン要素も盛り込んでいればもっとよかった。

ただ、メインがスパイダーマンを操作するゲームなので、オンラインにした場合には街中がスパイダーマンだらけ、というチョット微妙な光景になるので、致し方ないところかもしれない。

ここ数日は仕事が終わると毎日遊ぶほど、やりたくなる要素が詰まってるので、購入を迷っているのであれば、人気から見ても買取価格も高いので、一度プレイしてみてほしい。

 

Return Top

Copyrighted Image