ばかにゅー.com

「欲しいものを買わずに済む方法」は我慢するだけでは間違っている

「欲しいものを買わずに済む方法」は我慢するだけでは間違っている

これも欲しい、あれも欲しいと人間の欲というのは業が深いと感じることが増えた筆者です。

1つを手に入れたら、また次のアレに向かう無限ループから抜け出したい。いや、抜け出さなければならないのですよ。

ただね、人間って我慢が苦手な生き物なんです。



必要から不要な理由を探す

何かを諦めるためには、単純に我慢するなんてのは心に負担をかけることになって、結局その反動で次の欲しいもので爆発してしまうとかもよくある事。

買わないとか、諦めるとかじゃなくて、自分を納得させるだけの理由を探す必要があるんです。

一番基本的なのが、手に入れたことで残るメリットとデメリットを心の天秤に掛けてみること。

お金を失うし、他のものが買えなくなってしまうなどのすぐ思いつくところから、まずは考えてみるのが基本ですよね。

デメリットを掲げても諦められないとなった時が一番困るところ。

それならば、今度はメリットについてよく考えてみることです。

欲しいという気持ちが先行している時って、自分自身で気がつかないうちに必要な理由を考えることを疎かにしがち。

冷静になって考えてみたら、なんでこんなに欲しかったのか分からないってことも意外と多いですよ。

コスパの良いものでお茶を濁す

欲とは業が深いと初めに伝えましたが、気持ちの整理をつけるためには手に入れること自体を諦めるのは難しいことの方が多いです。

それならば、コストダウンして気持ちを落ち着かせる代用品を手に入れて、満足感を少し満たすことも検討してみてはいかがでしょうか。

同じようなものを実際に手に入れて一通りの満足を得てしまえば、どうしても欲しかったものへの関心が薄れます。

不思議なもので、欲しいと思い続ける時間が長ければ長いほど必要、不必要に限らず執着が増えてしまうのです。

仮にコスパの良い代用品を手に入れても、それでもまだ欲しい気持ちが薄れないようであれば、それはあなたにとって本当に必要なものだったということ。

代用品を用意したコストは損になってしまったように感じるかもしれませんが、欲しいと思ったものを全て手にしてしまうリスクを負うよりは、ずっと賢い選択ではないでしょうか。

距離を置いてみる

欲しいものについて考え始めると、四六時中その事ばかり考えるようになってしまいます。

考えれば考えるほど、冷静な判断をすることが難しくなって勢いだけで購入してしまうなんて経験もあったのではないでしょうか。

一呼吸置いてという言葉があるように、執着心をなだめて他にやらなければいけない仕事や行事を進めるうちに気持ちが収まるかもしれません。

衝動で決断してしまうと、もし後から後悔しても自分を正当化するために考えが働いてしまい、また同じことを繰り返しますよね。

「今欲しいから」ではなくて、後になっても欲しい気持ちが続いているかどうかで購入を検討することで、後悔することも少なくなります。

距離を離して考えてみるということも忘れないでくださいね。

物欲を制御するには

正直な話をすると、僕自身が買いすぎないことを意識するために今回テーマを執筆しました。

改めて買わないために必要なことを並べてみると、当たり前のことばかりだと思いませんか?

当たり前だと思うようなことでも物欲に支配されている時の脳は認識しようとせず、満足を得るために行動させようとしてくるんですよね。

ひとつ1つは画期的な解決方法ではないかもしれませんが、欲しいと思った時に上記の考えをなぞってみることで、そのままでは抑えることが難しい物欲を抑えることができるのではないでしょうか。

欲しいと思う気持ちは決して悪いものではありません。

欲望に振り回されないように上手くコントロールして、あとで後悔がないようにするとが大切です。(お前もだぞ!)

Return Top

Copyrighted Image