ばかにゅー.com

宅録したくて「コンデンサーマイク」を購入!やっぱり機材を揃えるとそれっぽくなる

宅録したくて「コンデンサーマイク」を購入!やっぱり機材を揃えるとそれっぽくなる

これはあくまで個人の趣味である内容となります、どうか暖かい目でみてください。

ということで、タイトルの通り「コンデンサーマイク」を購入した話と、その機能の素晴らしさに感動したと言いたいわけなのですが、皆さんは録音機材をお持ちですか?

歌や吹き替え、楽器演奏などの録音に使われているかと思いますが、僕はカラオケが好きなので、カラオケ音源を使い遊んでいます。

元々バンドをしていたのですが、歌うポジションを一切やっていなく、歌いたくても競争率が高かったわけで、現役時代は楽器を転々としていました。

その歌いたい欲望が最近になって爆発したようですね……



買い揃えた録音機材

録音するにあたり何が必要なのかを考えた結果、「ミキサー」・「マイク」・「ヘッドフォン」の三点にこだわる必要があると考えた僕、そこで集めた機材はこちら。

・TASCAM US-322

これはミキサーとなるのだが、友達から譲ってもらったアイテム。とても使いやすくて、コスパが良いとされていることもあり、初心者にとってはありがたい。

・SONY MDR-CD900ST

実はこのヘッドフォン、プロの現場でも使われていることでも有名で、安価な上に凄く丈夫なことで愛用者は数多くいるのだとか。

・audio-technica AT2020

僕は正直、コンデンサーマイクを使ったことがなく、どういう仕様なのかさえわからなかったので、知り合いに聞いたところ、“ノイマン”というのがメジャーで、5万〜10万は見ておいた方がいいと言われました。

……無理!甘く見ていた。

どうにか安いのは無いかと探したところ、オーテクのコンデンサーマイクを発見。「オーテクなら悪くないんじゃない」と言われた事もあり、1万前後のこいつに決めたのです。

コンデンサーマイクって集音性凄いんだね!


僕はMACのPCを使用していることもあり、「GarageBand(ガレージバンド)」を使い録音したのですが、やはり機材を揃えると、それなりに良い形になると実感しましたね。

なによりコンデンサーマイクの集音性に驚きで、いくら安いとは言え、ちゃんとした性能をもっているからこそ出来るということ。

色々なレベル調整も必要となるが、些細な物音、囁き声などの音をしっかり拾えるのです。

よって、機材や環境を整えていないと、歌い手であれば喉に負担かけてしまったり、ノイズが入ってしまったりと、録音時にさまざまな支障が出てきてしまうのだと感じましたね。

あとは宅録時の反響音をどうにかするだけ!

現在揃えた機材だけでも、もの凄い感動をしているわけですが、やるのであれば本格的にやってみたいと考えた僕。

今では宅録で楽曲をリリースしている人も多く、ある程度の機材と環境を整えられればプロ仕様に近づけると聞き、現状では最低限なにが必要かと考えさせられたわけです。

そこで音楽を仕事にしている方に相談したところ、反響音をどうにかしないとダメだねと言われ、現在は「リフレクションフィルター」を探しているのですが、今だ検討中。

と、完全に趣味の話を淡々とお話してしまいましたが、もし宅録を考えている方は、僕の揃えた機材でも全然満足できるのではないかと思っています。(特に宅録初心者の方)

宅録機材でお困りでしたら、一度これらの機材を試してみてはいかがでしょうか。

TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96kHz対応 USB2.0 US-322

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

audio-technica オーディオテクニカ コンデンサーマイクロホン AT2020

ライターはこの人

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image