ばかにゅー.com

「EXILE」は音楽だけじゃない! 映画「HIGH&LOW」で2冠を達成

「EXILE」は音楽だけじゃない! 映画「HIGH&LOW」で2冠を達成

映画「HIGH&LOW」と言えば、EXILEファミリーが出演しているアクション超大作。

その映画シリーズがなんと「第6回 JAPAN ACTION AWARDS 2018」にて「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」がベストアクションシーン賞、アクション監督受賞の最優秀賞に輝き、2冠を達成したのです。

EXILEといえば“ライブパフォーマンス”と思う方もいると思いますが、映画も一切妥協無しのハイクオリティーになっているのです。



映画「HIGH&LOW」とは

もともとはドラマ「HIGH&LOW」として放送されていたのですが、放送開始からその人気は右肩上がりとなり、結果的に映画作品となったのです。

この作品の物語を簡単に説明すると、ある地域のギャング抗争を描いたアクション映画なのですが、その映像美とアクション演出に僕は感動しました。
そして、登場する個性あふれる人物たちがカッコよくて惚れてしまうのです。

重要な役を演じるのはこの方たち

地区を支配するギャングチームのMUGEN(ムゲン)と、最強兄弟として知れ渡っている雨宮兄弟(あまみやきょうだい)というのが存在していたのだが、この二大勢力は、決着がつかないまま解散し、その姿を消しまったのです。

で、この雨宮兄弟を演じているのが大人気の「EXILE TAKAHIRO」と「三代目JSB 登坂広臣」となり、伝説的な存在MUGENの元総長を演じているのが「EXILE AKIRA」となります。

登場するギャングチームについて

MUGENの解散から一年後、その地域一帯が“G-SWORD”と呼ばれ、

・山王連合会(さんのうれんごう)
・White Rascals(ホワイトラスカルズ)
・鬼邪高校(おやこうこう)
・RUDE BOYS(ルードボーイズ)
・達磨一家(だるまいっか)

というギャング組織が登場し、MUGENの残党が作り上げた山王連合会を中心に物語が始まるのです。
それぞれのギャングチームのリーダーたちが個性があってカッコイイので、そういうところも注目ポイントでもあると思います。

すごいのは今回の受賞だけではない

映画では、シリーズ4作連続で興行収入10億円を突破していて、4作累計興行収入は60億円、累計観客動員数は450万人を突破。超大ヒットシリーズとなりました。

さらにそれだけではなく、“第4回 JAPAN ACTION AWARDS”において、ドラマシーズン1 「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」でベストアクションシーン賞・ベストアクション作品賞・ベストアクション監督賞をトリプル授賞しているのです。

まだ見ていない人へ

ドラマを見てから映画シリーズを見る事を強くオススメします。なぜかというと、ドラマからみないと物語の内容が分からないと思うからです。
単純に、アクション映画が好きとかであれば映画からみても良いかもしれませんが、せっかく見るのであれば内容を理解したうえで見て欲しいですね。

アクション演出がすごいのもそうですが、出演俳優も豪華なので、見ていて華やかな映像になること間違いないと思うので、気になった方はぜひドラマからどうぞ!

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image