ばかにゅー.com

「ラーメン博物館」カナダ発のラーメンが日本初上陸!

「ラーメン博物館」カナダ発のラーメンが日本初上陸!

みなさんはラーメンがお好きですか? 僕は好きになりました。

というのも、僕は猫舌で熱いものが苦手な人間でした。しかし、ラーメン大好きっこの友達がいて、ご飯を食べに行けば、大半ラーメンという時期がありました。

そのおかげか、熱い食べ物は苦手なままではいるが、ラーメンを食べる事に関しては免疫が付いたようで、今では美味しく食べれるようになりました。

そして、次第に美味しいラーメンや珍しいラーメンがあると聞けば反応をし、自分から食べたいと言う僕が存在していました。

そんな“にわか”ラーメンファンが、今回、ラーメン博物館に食いついきました。なぜなら、「逆輸入ラーメン」つまり海外発のラーメンが食べれるというからです。



カナダ発「RYUS NOODLE BAR」がやってくる!


僕は海外のラーメンに詳しい訳ではありません。しかし、海外で出店しているラーメンの味にはとても興味があり、逆輸入ラーメンに注目しました。

今回ラーメン博物館に出店するお店「RYUS NOODLE BAR」の店主、高橋 隆一郎さんは、日本の飲食店で6年間働いた後、2009年にカナダ・バンクーバーへ留学。

その後、バンクーバーの飲食店で働き、永住権を獲得し、2013年に独立したのを機にカナダのトロントへ移住し「RYUS NOODLE BAR」を開業されました。

そして、開業をした高橋さんは「本格的な日本のラーメン」と「カナダ人が好む味覚」が融合したラーメンを目指しているとのことです。

カナダはラーメン激戦区!?

カナダのラーメンは日本やアメリカからの進出が多く、バンクーバーやトロントで成功したお店が地方都市に進出する傾向があるようです。

現在カナダには150軒前後のラーメン店があり、カナダで最初のラーメン店は1989年に日本からバンクーバーに進出した「えぞ菊」と言われています。

そして、カナダのラーメン事情が大きく変わったのが2010年に日本の「山頭火」がバンクーバーに進出した頃からのようで、この頃はアメリカで、ニューヨークやロサンゼルスを中心にラーメンブームが起こり始めていたとのこと。

物珍しさもあり、海外の食文化とはまた違ったラーメンは、一度拡散することで、瞬く間に人気が出たのではないでしょうか。

カナダを唸らしたラーメンを食べてみたくないですか?

・「RYUS鶏白湯ラーメン」900円、ミニサイズ570円

長時間かけて抽出した鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、そして凝縮した魚介ダシのコクが調和した鶏白湯は、日本では味わえない独自性に富んだ、まさに“カナディアン鶏白湯”。

麺はスープとのバランスを考え、ミネラル豊富な全粒粉を使用した中細のストレート麺を使用。

使用具材:鶏チャーシュー(低温調理)、豚バラ、ルッコラ、メンマ、白きくらげ、ゴマ、レモンゼスト

・「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」950円

長年カナダ人から愛されている日本食が「銀鱈の西京焼き」。

味噌ラーメンはここからヒントを得て、味噌だれは西京味噌をメインに4種類の味噌をブレンド。

芳醇な香りと心地の良い甘味は、カナダ人の舌を虜に。麺は全粒粉をブレンドした太麺を使用しています。

・「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」980円

来店されるお客様の20%を占めるベジタリアンに人気。

スープのベースはカリフラワー、ジャガイモを中心とした野菜をポタージュ状にし、和だしと豆乳をブレンドしたもの。

ベジタブルラーメンの物足りなさを一切感じさせない出来栄えとなってます。

2018年10月17日(水)より、新横浜ラーメン博物館にてお楽しみください。

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image