ばかにゅー.com

完全ワイヤレスイヤホンを3ヶ月間使ったからみんなに教える

完全ワイヤレスイヤホンを3ヶ月間使ったからみんなに教える

Appleからワイヤレスイヤホン「AirPods」が発売されたあたりから、徐々に一般でも完全ワイヤレスを使う人が増えてきましたよね。

ただし、お値段が結構するのでまだ買うのをためらっている人も多いような気がします。

そんな人のために、僕が購入したAnkerから発売している「Zolo Liberty」で完全ワイヤレスイヤホンの使い心地などをお伝えしようと思います。



「Zolo Liberty」はコスパがいい“1万円以下”

はじめに伝えておきますが、僕はイヤホンに対して数万円もかけるタイプではないです。なので、音響機器マニアのような方には参考にならない可能性があるので、注意してくださいね。

Zolo Liberty (Bluetooth 4.2 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大24時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格】(ブラック)

僕がこの商品を選んだ理由は、値段です。18000円ほどするAirPodsと違い、半値より安い8000円で買えるというコスパの良さ。

さらに、AirPodsはインナーイヤー型ですが、Zolo Libertyはカナル型。僕はインナーイヤー型だと耳が痛くなってしまい長時間つけていられません。

値段に関しては、Zolo Libertyよりも安い商品を探せばいくつも出てきますが、バッテリーの持ち製品の信頼度を加味すると、こちらの商品に行き着きました。

完全ワイヤレスのメリット

3ヶ月も使用しているとある程度は完全ワイヤレスタイプのメリットデメリットがわかってきたので、まずはメリットからお伝えしようと思います。(Zolo Libertyでの感想になります)

コードがないことは想像する通りの快適で間違いありません。特に狭い電車内などで、有線のイヤホンだと引っかかって耳から抜けてしまったりということが多々ありましたが、完全ワイヤレスなのでもちろん気にする必要なし。

僕が買う前に一番心配していたのが音の遅延について。動画を見ていて遅れを感じない程度を望んでいたのですが、こちらも良好です。

充電に関してもケースが充電機の役割をしているので、通勤の往復2時間〜3時間という使用環境であれば途中でなくなることはありません。ケースの充電も1月に1回するかしないかといったところ。

気になるデメリットは

デメリットについてですが、カナル型にありがちな蒸れたときの不快感を感じだとき、有線であれば片方をどこかに引っ掛けながらしばらく耳から外しておく、という方法で逃れられるのですが、完全ワイヤレスなので手に持ちながらという面倒さがあります。

ケースに入れればいいという意見もあるかもしれませんが、ちょっと外すだけなのに、イヤホンをいちいちしまうのはさらに面倒ですよ。

そのほかに思い出せるデメリットは、外した時に手から滑って落としやすいことでしょうか。なくすことはないですが、落とすと転がるので拾い上げるのが少々面倒です。

完全ワイヤレスは買いなのか

結論から言うと「買い」なのは間違いないかと思います。完全ワイヤレスイヤホンが登場した当初に比べて、選べる製品数も多くなったおかげで、販売価格にも幅が出てきました。

もちろん、高価なモノであれば性能的にも満足のいく商品がほとんどですが、イヤホンに何万も出したくないと言う本音を持っている人が多いのではないでしょうか。

僕が購入した1万円を切る価格帯であれば、上で挙げたデメリットを差し引いても、完全ワイヤレスであることのメリットを感じる方が多く、イヤホンに特にこだわりが強くない人でも納得できると感じました。

これは僕が調べた結果ですが、Zolo Libertyよりも安価な製品の場合は、賛否が別れているものが多い印象でしたので、購入する場合はよくレビューを読んだ方が失敗しない買い物になるかと思います。

ライター情報

むーさん
また真面目って言われる。

真面目って言うな。ばかやろー。

チップスターうまし。
Return Top

Copyrighted Image