ばかにゅー.com

iPhone Xsは買いだったのか、レビューをしてみることにした

iPhone Xsは買いだったのか、レビューをしてみることにした

アップルの新製品「iPhone Xs」が2018年9月21日に発売してから数日が経過した。強気の販売価格に購入をためらっている人も多くいるのではないだろうか。

なので、今回は「iPhone 7」から「iPhone Xs」へ乗り換えた僕が、購入するかどうかを悩んでいる仔羊への参考記事を買いてみることにした。



機種変更を決意した理由

まずは僕のiPhone歴から少しお話しよう。

初めて手にしたのは「iPhone 4」だった、あの頃は発売日に予約をするだけでも困難だったことを覚えている。

それから2年に一回のメジャーアップデートのたびに買い替えをしてきたのだが、今回のiPhone Xsではそのルーティーンが途切れる結果となった。

今回のiPhone Xsは、今までのように大きな変化はなく、昨年に初めてホームボタンを撤廃したiPhone Xの後継機なのは否めない事実だ。

正直な話、僕自身も今回では購入を控えることも検討した。

だって、今までにはないくらい高いし、特に革新的な機能が備わった訳でもないときに買い替えをしても、なんだか面白みに欠けてしまう。

では、なぜそんな気持ちの中で機種変更を決意したのかというと、「touch ID」に対するイライラが強かったのが決めてだった。

Face IDだとストレスを感じない

指紋認証でロックを解除している人なら分かってくれると思うが、少し指が濡れていたり、ホームボタンが汚れていたりするだけで、認証してくれない場面になんども遭遇した。

一週間になんども認証エラーをくらい続けると、急いでいるときは特にイライラが溜まって仕方ない。

もしかすると、僕のtouch IDがただ単に故障している可能性も否定できないが、落とした訳でもなく2年も経たずに不調が出てくるような機能なら、そもそも不要というのが僕の結論だ。

「Face ID」も寝起きだと認証がされないだとかの噂があったので、心配はしていたけれど実際に使用してみると認識率はかなり高い。

数日間使ってなんどやっても認証しないようなことは1度もないので、この点だけでも機種変更した甲斐があった。

毎日使うから、大画面は正義

iPhone Xs(X)の特徴と言えば、ホームボタンがなくなったことによる大画面化と高精細なSuper Retina(OLED)ディスプレイだろう。

ただ単にサイズを大きくしたことによる大画面化ではないので、ある程度持ちやすい形状を維持したまま大画面化がされている点が良い。

従来のPlus系や今回のMaxのようなサイズは、仕事で通話をすることが多い僕にとっては使い勝手が悪い。かといって今までの画面サイズでは、プライベートで動画や漫画をiPhoneで見るにはもう少し大きい方が良かった。

そんな僕にはiPhone Xsでの変更は、ホームボタンがなくなることよりもメリットが大きい。

さらに、Super Retinaディスプレイで画質が向上しているので、目の疲れが前よりも緩和された。あくまで主観なので、個人差はあるかもしれないが、使ってみれば僕以外でも多少は実感できるくらいの差がある。

iPhone Xsである必要性

ここまで読んでくれた人の中には「それなら、iPhone Xでもいいじゃん」と思った人もいるだろう。

そう、その通りだ。

しかし、対して金額が変わらない旧スペックを購入するよりも、処理能力が多少でも向上している新機種の方が、後々に差が出てくる。

確かに、iPhone Xsは前評判通りに革新的な進化はなかったが、ホームボタンが無くなったことによるメリットを感じる人にとっては、後継機として必要のない機能を無理やり付けていないので、使い勝手が維持されている。

ひと昔前のような、新機種に対する期待感を望まなければ、iPhone Xsも悪くない機種だと感じる。

Return Top

Copyrighted Image