ばかにゅー.com

「VE-500」ヴォーカルエフェクト発売決定!一つ上のパフォーマンスを目指そう

「VE-500」ヴォーカルエフェクト発売決定!一つ上のパフォーマンスを目指そう

音楽に携わっている人には耳よりな情報です。ギターやベースなどでは、音色を変える「エフェクト」を使用して演奏をしているかと思いますが、ヴォーカル担当の方はどうされていますか。

歌声に対して何かアレンジをしたり、歌い方を変えたりして、日々研究されているのではないでしょうか。

そんなヴォーカリストを手助けしてくれる素晴らしい商品を今回はご紹介したいと思います。

ライブ演奏や録音時にもきっと役立つ「ヴォーカルエフェクト」が発売されるとの事で、今後のライブシーンに欠かせないアイテムとなるのではないでしょうか。



ギターのコードに合わせ自動でエフェクト


今回ご紹介する「VE-500」は、マイク用に加えてギター用の入力端子を備えています。

ギターを弾きながら歌うと、演奏したコードや曲のキーを検出し、ボーカルの基本となる音に合わせて最大3声の美しいハーモニーをリアルタイムに加えることができるとのこと。

ボスで開発した独自のアルゴリズムと高性能DSP(Digital Signal Processor)によってスムーズで自然なハーモニーと高品位な音質を実現。

何か物足りないと感じていたステージで使用することで、ひときわ目立つパフォーマンスになること間違いなし。

多彩な機能で彩るヴォーカル


「ピッチ・コレクト」という機能を使うことにより、ダンス・ミュージックなどで人気のあるエレクトリックなボイスやロボットのような声に加工することが可能となっています。

さらに、不安定なボーカルの音程を正確に補正することができるとのことで、ヴォーカルアシストとしては最高の機材と言えますね。

声に張りを持たせてハッキリとした音質にする「エンハンサー」や、心地よい残響を加える「リバーブ」、個性あるエフェクトから好きなタイプを選べる「FX」など、最大9つのエフェクト・セクションを同時に使用可能とのことで、厚みのあるヴォーカルに加え、多彩な演出でオーディエンスを魅了することができますね。

「VE-500」を使ったパフォーマンスがカッコイイ


ということで、ご紹介したヴォーカルエフェクト「VE-500」を使って演奏しているデモ映像があるのでぜひみていただきたいのですが、その前に「VE-599」の主な機能をご紹介しましょう。

・エンハンサー
・ピッチ・コレクト
・ハーモニー/ボコーダー
・FX
・リバーブ/ディレイ
・ルーパー

主にこれがメインとなるのではないかと思いますが、本機には50種類のプリセット・パッチを内蔵していて、好みのサウンドを選ぶだけですぐに使える仕様です。

ユーザーが独自に設定したパッチを、本体に99種類記憶することも可能となっており、さらに、パソコン(Mac/Windows)とUSBで接続すれば、専用エディター/ライブラリアンでスムーズな音色作りや、作成した音色パッチの管理を行えるようです。

発売は2018年9月15日(土)からで、価格はオープン価格となっているため、取り扱い店舗にお問い合わせ願います。

それでは、お待ちかねのデモ演奏をお楽しみください。どうぞ!

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image