ばかにゅー.com

日本一高級な抹茶プリン『おこい』の秘密。運がいいと無料で味わえる

日本一高級な抹茶プリン『おこい』の秘密。運がいいと無料で味わえる

プリン研究所というお店をご存知でしょうか。
様々なメディアで取り上げられ有名なお店なようです。私は恥ずかしながら初耳でした。

プリン研究所とは、その名前の通りプリン専門店です。オーソドックスな昔ながらの王道プリンから今回ご紹介する超高級プリンまで販売しています。
中でも日本で一番高級な抹茶プリン「おこい」が有名だということでその秘密に迫ってみます。



抹茶プリン「おこい」とは

抹茶プリン「おこい」とは茶道の「濃茶」をイメージした高級プリンです。
抹茶の深い味わい、苦味の中にある甘みを感じてもらえるよう、砂糖はあまり使っていないようです。
市販の抹茶プリンも美味しいですが、あくまで抹茶風味なものですよね。おいこは抹茶独特の濃厚な味をしっかりと活かしています。
一口食べるたびに口の中に広がる抹茶独特の苦味とほのかな甘み。濃厚なので喉を通った後にも余韻が広がります。一口一口食べ進めていけば、そのほのかの甘みが段々と甘く感じてくる。まるでお米のようですね。
さらに付属で抹茶パウダーも付いてくるそうなので、甘みに慣れてきたらパウダーをかけてまた苦味を楽しむ。もし味に飽きてしまったとしても最後まで楽しめるわけです。
価格は1個6,372円(本体価格 5,900円)です。うん、めちゃくちゃ高級ですね。

抹茶プリン「おこい」が高級なわけ

こちらの抹茶プリンには京都・宇治で300年以上続く、老舗茶園「寺川大福園」の最高級抹茶「千代の昔」が使用されています。
この最高級抹茶「千代の昔」というのがなんと30gで1万円もします。超超高級な抹茶なのです。プリンで6000円もするなんて高いなと思いましたがちょっと納得ですね。
もちろん、ただ最高級抹茶を使用しているから高級である、そんな単純なものではありません。
しっかりとその「千代の昔」の良さを活かすために、裏千家の師範代からしっかりと茶の点て方を一から学び、湯の温度、点てる時間、抹茶に合う卵、牛乳、砂糖、隅々までこだわり、試行錯誤を繰り返して作り上げられています。
ただ高級品を使えばうまいってものじゃない。しっかりとそれを活かさなければ全く無駄になってしまう。その努力、手間暇を怠らずに作り上げられた抹茶愛のある一品であるからこそ、日本一高級なのです。

そんな至極の一品が無料で味わえるチャンスがある

そうなんです。なんと高級抹茶プリン「おこい」が5名様に当たる、お年玉キャンペーンがプリン研究所で実施しています。
エントリーは2017年12月31日まで。締め切りが迫っております。

【エントリー方法はこちら】
(1)LINEの「プリン研究所公式アカウント(アカウントID:@klm1979g)」を12月31日23:59までにお友だちに追加
※お友だちに追加するための詳しい方法は以下イベントページよりご確認ください。
http://www.shop.puddinglaboratory.jp/smartphone/page53.html
(2)2018年1月1日0:00に送られてくるメッセージをクリック。
(3)抽選にチャレンジをクリック。
(4)当たり!が出たら、特設ページへご案内いたします。

無料なら損はないと思ってすぐエントリーしました。こういうのはすぐやるタイプです。まだ当たったことがないのでそろそろ運のツキが回ってきてもいいなじゃないかと思うのですが。

抹茶プリン「おこい」は和と洋の良いところ取りしたデザートですね。
めちゃくちゃ気が早いですがこれからバレンタインデーやホワイトデーがやってきます。ホワイトデーってどういうのをお返ししたらいいのかすごく悩みますよね。自分では滅多に買わない高級品、人にあげたらすごく喜んでもらえることでしょう。いい男と思われること間違いなし。
自分のご褒美にも誰かのプレゼントにも。
今日から君もグルメ通だ。

Return Top

Copyrighted Image