ばかにゅー.com

関係ないのにこういうの見ちゃう「2019年卒 就職人気企業ランキング」

関係ないのにこういうの見ちゃう「2019年卒 就職人気企業ランキング」

やる気メソッド〜熊谷先生の場合〜

ノボル君「先生、なんで僕たち子供は勉強をしなくちゃいけないんですか?」

「それはね、先生が生きるためだよ。先生は君たちが勉強をするから、お給料をもらって生活を保つことができているんだ。君たち生徒がいるから先生は生きていることができるんだ。だから君たちが勉強をしないと、先生は給料がもらえず、生活することが困難になり、最悪首をつるしかなくなっちゃうんだ。そしたら先生は君たちを恨んじゃうかもしれないね。だから勉強頑張ろう?」

そして頑張り続けて大学を卒業したノボル君。

ということで2019年卒「就職人気企業ランキング」の結果発表が出たらしいので、今回はこちらをご紹介します。



総合ランキングの発表

まずは男女、文系理系全てを含めた総合ランキングの発表です。

【総合ランキング1~10位】

変動 順位 企業名
 → 1位  ANA(全日本空輸)
 ↑ 2位  味の素
 ↓ 3位  JAL(日本航空)
 → 4位  オリエンタルランド
 ↑ 5位  伊藤忠商事
 ↑ 6位  カゴメ
 ↓ 7位  資生堂
 ↑ 8位  明治グループ(明治/Meiji Seikaファルマ)
 ↓ 9位  JTBグループ
 ↑ 10位 アサヒ飲料

総合ランキングの1位は4年連続でANA(全日本空輸)。
前年2位のJAL(日本航空)は1ランクダウンするも3位に入り、引き続き航空業界が強さを発揮する結果となりました。
訪日外国人の増加や、ビジネス需要の増大、また旅行代理店が20位までに3社入るなど、国内外問わない旅行人気が航空業界人気をけん引しました。

最近テレビでもよく報道されている訪日外国人の増加。
ありがたいことですね。都内の観光地なんていつ行っても外国の人だらけですもんね。

優秀男子と女子が目指すところ

続いては男女別のランキングの発表です。

【男女別ランキング1~10位】

男子ランキング
変動 順位 企業名
 → 1位  伊藤忠商事
 ↑ 2位  JR東日本(東日本旅客鉄道)
 ↓ 3位  ANA(全日本空輸)
 ↑ 4位  アサヒ飲料
 ↑ 5位  味の素
 ↑ 6位  JR西日本(西日本旅客鉄道)
 ↑ 7位  トヨタ自動車
 ↓ 8位  JAL(日本航空)
 ↓ 9位  JR東海(東海旅客鉄道)
 ↑ 10位 イオングループ

女子ランキング
変動 順位 企業名
 → 1位  ANA(全日本空輸)
 ↑ 2位  オリエンタルランド
 ↑ 3位  味の素
 ↓ 4位  JAL(日本航空)
 ↑ 5位  カゴメ
 ↓ 6位  資生堂
 ↑ 7位  明治グループ(明治/Meiji Seikaファルマ)
 ↓ 8位  花王
 ↓ 9位  JTBグループ
 → 10位 コーセー

総合ランキングからそうですが、このアンケートでは総合商社が伊藤忠商事しか入っていないのが意外でした。

伊藤忠商事といえば新人研修が登山だったり、体育会系のイメージで有名ですね。
体育会系と聞くとあまりいいイメージを持ちませんが、ホワイト企業の模範企業としても選出されている、労働環境が保証されている安定した企業です。
電通の過労死問題もありましたが、今は大手であるという響きだけではなく、労働環境といった部分にも注目されているのかもしれません。

全然詳しくないので個人的な想像ですが。

文系と理系の選ぶ違い

最後に文系、理系別でのランキング発表です。

文系ランキング
変動 順位 企業名
 → 1位  ANA(全日本空輸)
 → 2位  JAL(日本航空)
 ↑ 3位  オリエンタルランド
 ↑ 4位  伊藤忠商事
 ↓ 5位  JTBグループ
 ↑ 6位  近畿日本ツーリスト
 ↓ 7位 エイチ・アイ・エス(H.I.S.)
 ↑ 8位  JR東日本(東日本旅客鉄道)
 ↑ 9位  講談社
 ↑ 10位 味の素

理系ランキング
変動 順位 企業名
 ↑ 1位 味の素
 ↑ 2位 カゴメ
 ↑ 3位 明治グループ(明治/Meiji Seikaファルマ)
 ↑ 4位 キユーピー
 → 5位 森永乳業
 ↓ 6位 花王
 ↓ 7位 資生堂
 ↑ 8位 森永製菓
 ↑ 9位 旭化成グループ
 ↑ 10位 ロッテグループ

以上、2019年卒「就職人気企業ランキング」の結果発表でしたが、やはり全体的に人気が高いのが食品業界です。
2位の味の素を筆頭に、トップ50の中に15社、トップ100の中に22社がランクインしました。
そのほかオリエンタルランドに代表されるサービス業界や、資生堂に代表される化粧品・トイレタリー業界など、BtoCで商品やサービスを展開する身近な企業が人気を博しています。

本アンケートは株式会社学情が実施しています。

【調査概要】
調査対象:2019年卒3月卒業・修了予定の大学3年生、大学院1年生
調査方法:
(1)弊社主催インターンシップイベント『インターンシップ博』
および合同企業セミナー『スーパービジネスフォーラム』(東京、名古屋、滋賀、京都、大阪、福岡会場)の来場学生へのアンケート調査及び回収。
(2)あさがくナビ登録学生へE-MIALにて告知。WEB上の入力フォームによる回収。
調査期間:
(1)2017年12月2日から2018年3月6日(調査実施はイベント開催日に準ずる)
(2)2017年12月1日から2018年3月11日
回答方法:就職希望企業を最大5社選択
有効回答:8,331名
ランキング算出方法:回答学生の所属する学校所在地および文理・男女で12区分を設定、文部科学省統計情報より男女文理別の大学学生数を推計し、ウエイトバック処理の母数とした。これに回答数を対比させウエイトバック値を算出。ランキング1位を100ポイントとした相対値によって2位以下のポイントを算出した。

記事に取り上げてみたものの、私の住む世界には遠い話すぎて。
もう一度人生をやり直した時参考にしたいと思います。

Return Top

Copyrighted Image