ばかにゅー.com

飲むカレー「CARRYCURRY」!今どきカレーもスマートに食す時代

飲むカレー「CARRYCURRY」!今どきカレーもスマートに食す時代

子供から大人まで、老若男女問わず好かれている料理「カレー」、みなさんもカレーはお好きですか?

香辛料を使った本格的なカレーから、オーソドックスなものまでと、さまざまな種類のカレーがあるかと思います。

しかし、そんなカレーの常識を覆す「飲むカレー」が発売されていたことをみなさんは知っていましたか?

なにかとスマートに物事をこなす時代、カレーもスマートに食すということなのでしょうか。んー気になる。気になってしまう。

カレーは液体だけど、飲み物じゃないぞー。



フェリシモ神戸発「CARRY CURRY」


いかにカレーをかっこよく持ち歩き、飲めるようにするかを実現するために企画されたのがこの「CARRY CURRY」。

おやつ感覚で小腹を満たしたいとき、パンやおにぎりと一緒にランチとして、アウトドア時の食事や夜食にもなる手間いらずのカレーが誕生。

缶で軽く、スクリューキャップをキュッとあけていつでもどこでも取り出せるので、バッグやリュックに入れておき、持ち歩いたり、ストックしておいたりすることもできますね。

気になる味ですが、国産のトマトピューレや国産たまねぎを使ったトマト風味で、常温でおいしく食べれる?飲める?ように作られています。

もう、インスタントカレーを持ち運ぶ必要なんてない!

なぜ、飲むカレーが誕生したのでしょう。そこには、インスタントカレーを持ち運び、食している人のある一言がキッカケとなったようです。

ある日のフェリシモ、デザインストラテジストのミーティング中のこと。

ありとあらゆる業界からオファーがかかる超人気デザイナー太刀川英輔(たちかわ えいすけ)さんが移動中にレトルトカレーを飲んでいるという話をされたとのこと。

全国を縦横無尽に駆け回る多忙な日々を過ごしていて、食事を満足に取る時間がないこともあるといいます。

そんなとき、飛行機や列車での移動中にレトルトカレーを開封して、そのまま飲んでみたところおいしくて、小腹が満たされることを発見されたそうです。

その後それがクセになり、「レトルトカレーマニア」と呼ばれるくらい、あらゆるカレーをバッグに忍ばせて飲み続けてきたのだとか。しかし、太刀川さんが「でもこれ、人前ではできないんだよなあ」という気持ちもあり、そこから「飲むカレー」の開発がはじまったとのこと。

あなたもかっこよくカレーを飲んでみませんか?

カレーと言えば、その家庭によって味や見た目が違うと思いますが、みなさんは「トロッとしているカレー」と、「スープカレー」とどちらがお好みですか?

僕は断然トロッと派です。というのも、やっぱり白飯とルーをしっかり口に含める感じが最高にたまらないのです。

しかし、今回の「飲むカレー」は完全にスープです。ただ、気軽に持ち運べたり、さまざまなシーンでカレーを楽しめるというのですから魅力的。

この機会に、みなさんもスマートかつ、かっこよく、飲むカレー「CARRY CURRY」を召し上がってみてはいかがでしょうか。

・価格
1セット(3缶) ¥1,231(税込)
・原材料
カレールウ【小麦粉、糖類(砂糖、乳糖、ブドウ糖)、加工油脂他】
トマトピューレ(国産)、砂糖、玉ねぎ(国産)、食塩、醤油、酵母エキス
乳化剤、調味料(アミノ酸等)、糊料(加工澱粉)
カラメル色素、酸化防止剤(V.C)、増粘剤(増粘多糖類)
(一部に小麦・乳成分・豚肉・大豆・鶏肉を含む)
・栄養成分表示(170g当たり)
エネルギー(kcal):53
たんぱく質(g):0.9
脂質(g):2
炭水化物(g):7.7
食塩相当量(g):1.641
・7大アレルゲン
(小麦、乳)
・セット内容
170g×3缶
・原産国
日本
・賞味期間
製造より、120日
・メーカー名
大和製缶 株式会社
・商品の詳細・お申し込みはこちら
https://feli.jp/s/pr18110703/1/

ライター情報

どすえ
最近「荒野行動」にハマっておりやす!

未だ個人では1位になった事がないけど、チームではなんとか。

これからもっと腕を磨くでー!
Return Top

Copyrighted Image