ばかにゅー.com

3月1日新発売!「飲むおにぎり」こんなの考えたことなかったよ

3月1日新発売!「飲むおにぎり」こんなの考えたことなかったよ

日本の伝統食“こんにゃく”を楽しく体感する施設「こんにゃくパーク」から、スパウト付パウチ容器入り、「飲むおにぎり 梅こんぶ」、「飲むおにぎり 梅かつお」が2019年3月1日に新発売されます。

「こんにゃくパーク」ってご存知ですか。群馬にある素晴らしい観光施設なんですけども。テレビにもちょこちょこ出てたりとかして。
何が素晴らしいかって後ほど紹介しますが、とにかくそんなちょっと風変わりな面白い施設から、ちょっと風変わりな面白い商品が発売されるということで、元群馬県民として見聞を広めなければと。
ご紹介していきます。



まずは「こんにゃくパーク」についてご紹介

■「こんにゃくパーク」について
2014年4月に前身の「こんにゃく博物館」から拡大オープンしたこんにゃくのテーマパークで、年間来園者は約100万人。無料で楽しめる工場見学、名物こんにゃくバイキングをはじめ体験キッチンを中心にこんにゃくの美味しさと文化をお伝えします。
敷地内にあるフーズマーケットでは春野菜が登場、ソフトクリームショップでは濃厚なこんにゃく入りソフトクリームに加え、こんにゃく入り肉まんも人気を集めています。
お子様に人気の当パークキャラクター・マナンちゃんのふわふわ遊具や、無料で楽しめる足湯もあり、自動車で来園されるお子様から高齢者までリラックスしていただける、春の行楽にもピッタリ。

2018年より埼玉西武ライオンズのキャップスポンサーとなり、こんにゃくパーク内の「埼玉西武ライオンズコーナー」では、キャップやTシャツなど公式グッズを販売しています。

世界遺産「富岡製糸場」から車で約15分のところにある大きい施設。
こんにゃくパークの何がすごいって無料で楽しめすぎちゃうところ。工場見学や足湯が無料で楽しめるほか、こんにゃくバイキングも無料で食すことができるんです。
もちろん、ただのこんにゃくがポンと出されているわけではありません。定番のこんにゃく料理から野菜がトッピングされた焼きそば風こんにゃく、ラーメンこんにゃくにレバ刺し風こんにゃく、こんにゃくの唐揚げ、こんにゃくでできたデザートまで。全部無料。すごくないですか。
有料でこんにゃく作り体験も楽しむことができます。
とにかく太っ腹すぎる、お財布に優しすぎる観光スポット。

私も群馬で働いていた頃、普通にお昼ご飯がてらに寄ったことがあります。サービス精神が旺盛なこんにゃくパーク大好きです。

新商品「飲むおにぎり」

■「飲むおにぎり」の開発背景
おにぎりは日本の国民食で、単身世帯のおにぎり購入数は年間48個(※2)にのぼり、年々増加しております。

近年、スパウト付パウチ容器入り食品は、食事代わりや部活の前後、体調不良、非常食など、いつでも、どこでも、どんな状況でも利用シーンを選ばないところが人気となっています。このたび、スパウト付パウチ容器入りの「飲むおにぎり」にすることで、常温保存1年を可能にし、おにぎりが保存食・非常食として家庭内備蓄品の選択肢のひとつとなるよう開発しました。

※2:株式会社ヨコオデイリーフーズ調べ(総務省「家計調査」と大手コンビニ定番おにぎり平均価格より試算)

新しすぎますね。おにぎりに変わるようなウイダーinゼリーとかはありましたけど、おにぎりそのものが飲む形になっちゃった。

■1パックおにぎり約1個分200キロカロリー、国産原料で美味しさ追求
1パック(130g)でおにぎり約1個分のカロリー(200kcal)、レタス1個分の食物繊維が含まれています。紀州南高梅、北海道産昆布、国産米、国産海苔の国産原料にこだわり美味しさを追求しました。

原料も安心の国産。味は梅こんぶと梅かつおの2種類。
非常食ってちょっと甘いものが多いですよね。おにぎりがそのまま非常食として食べることができるなら、ちょっと心強い。おにぎりを食べた時の安心感っていうものあるじゃないですか。

「こんにゃくパーク」&「飲むおにぎり」の詳しい情報

最後に今回ご紹介した「こんにゃくパーク」「飲むおにぎり」の概要について記載します。

【施設概要】
施設名 : こんにゃくパーク
所在地 : 〒370-2202 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
アクセス: 世界遺産・富岡製糸場から車で15分
      http://konnyaku-park.com/access.html
内容  : ・工場見学
      ・無料こんにゃくバイキング
      ・手作りこんにゃく体験
      ・こんにゃくマーケット
      ・マンナンポップコーン工場
      ・足湯
      ・フーズマーケット
      ・ソフトクリームショップ
      ・セブン-イレブン
営業時間: 施設/ 9:00~18:00(最終受付/17:00)
      足湯/10:00~17:00
      フーズマーケット/9:00~17:30
      ソフトクリームショップ/9:00~17:30
      セブン-イレブン/9:00~18:00
定休日 : 無休(年末年始は除く)
入場料 : 無料
      ※手作りこんにゃく体験は有料となります
URL   : http://konnyaku-park.com/

■「こんにゃくパーク」および全国で販売中
『飲むおにぎり』は、「こんにゃくパーク」施設および「こんにゃくパーク」ネットショップ、全国のスーパー店頭でもお買い求めいただけます。

今はもうすっかり東京都民なんですけど。全然群馬県民じゃないんですけど。もうほぼ東京育ちといっても過言じゃないんですけど。
ただちょっと群馬の情報がちらっと見えると、どうしても紹介したくなっちゃいますね。

Return Top

Copyrighted Image