ばかにゅー.com

自分でプログラミングできるブロック型ロボット「マウンジ(MAUNZI)」

自分でプログラミングできるブロック型ロボット「マウンジ(MAUNZI)」

IoT機器、生活雑貨、AV機器などの開発・製造・販売などを手がけている株式会社AJAXから、楽しく遊ぶだけで賢くなるブロック型ロボット「マウンジ(MAUNZI)」の予約販売プロジェクトを、国内クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」にて1月21日より公開開始されました。

つい先日、自分で作成して自分でプログラミングできるドローンというものを紹介しましたね。
今回は自分で作成して自分でプログラミングできる“ロボット”のご紹介となります。



ブロック型ロボット「マウンジ(MAUNZI)」とは

「マウンジ(MAUNZI)」は、動きやセンサーなどさまざまなキューブを組み合わせておもちゃのロボットを作ることができる「キューブ組み立て式」のロボットキットです。
また、標準的なレゴブロックと完全互換性があり、レゴブロックで自分好みのロボットにデコることが可能!
すごくないですか。既存のレゴブロックと完全互換性があるんですって。自分の思い通りに、好きな形にロボットを作ることができます。
また、「マウンジ(MAUNZI)」は専用のアプリケーション「MAUNZI RC」をダウンロードしてスマート機器からリモートコントロールしたり、「MAUNZI LAB」をダウンロードしてプログラミングして動かすことも可能とのことです。
なんでも2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが明示されたんですって。新しい時代の波を感じますよね。
遊びながらプログラミングの基礎を学ぶことができる。これからの子供達にぴったりな玩具ではないでしょうか。
「眠っていたレゴブロックを動かすプログラミング教材!ロボットおもちゃMAUNZI(マウンジ)誕生」プロジェクトは、未来ショッピング( https://shopping.nikkei.co.jp/ )にて公開中です。

「マウンジ(MAUNZI)」の特徴について

前述でざっくり説明しましたが、「マウンジ(MAUNZI)」のできることについて詳しくご紹介していきます。

■組み立てて、リモートコントロールして、プログラミングする
マウンジ(MAUNZI)は、ロボットであり、おもちゃであり、教育製品であり、ゲームツールでもあります。
マウンジ(MAUNZI)は、6才以上の子どもたちと大人を対象としています。

レゴブロックやロボットを組み立てる作業は、子どもたちの創造力を広げます。実際に動かすことで物理学の理解にも役立つでしょう。また、ゲーム感覚でロボットプログラミングやソフトウェアの仕組みが学べます。もちろん、大人も一緒に楽しめます。
(1)レゴブロックと完全互換性のあるブロック型組み立てロボット
マウンジ(MAUNZI)は、ご家庭のレゴブロックを使ってロボットをデザインすることができます。
マウンジ(MAUNZI)のすべてのキューブは、標準的なレゴブロックと完全互換性があります。

(2)楽しく遊んでいるだけで、論理的な思考が自然に身につく
・ロボットを組み立てることで創造力が向上します
・実際に動かしてみることでロボットの運動原理を理解します
・ゲーム感覚でロボットプログラミングやソフトウェアの仕組みを学びます

(3)「MAUNZI RC」でスマート機器からリモートコントロール
無料提供しているスマホ用アプリ「MAUNZI RC」をダウンロードして、マウンジ(MAUNZI)をリモートコントロールできます。
恐竜を作って動かしてみたり、車を作ってレースゲームをしたり、キャノンキューブを使って撃ち合いゲームをすることもできます。

(4)「MAUNZI LAB」でプログラミングの一歩を
タブレット用プログラミングアプリ「MAUNZI LAB」を無料提供しています。ブロックを利用したビジュアルプログラミングでロボットを精巧に制御できます。手軽で飽きることなく、ゲーム感覚で学習することができます。
横スクロールで並べていくので、簡単に、直感的にロボットを理解し、ハードウェアのプログラミングを学習することができます。またスクラッチで制御することもでき、パソコンで動かすこともできます。

(5)難しい基板、配線の知識は不必要

(6)無毒性シリコン、無毒性ABSを使用した安全なブロック
対象年齢は6才以上。プログラミングの英才教育にはもってこいです。
またプログラミングというものに触れてきていなかった大人の皆さんにもおすすめ。
基礎から始められて、自分で研究すれば応用が効いちゃうわけですから。奥が深い玩具です。

「マウンジ(MAUNZI)」の核について

「マウンジ(MAUNZI)」は核となるキューブを用いて、自分の好きな形に作ることができます。
このキューブにはどんな機能があるのか、一つ一つご紹介します。

■キューブの種類
●ウィンドウキューブ:マウンジ(MAUNZI)ロボットの心臓、すべてのキューブを動かします
●モーターキューブ :前後に動く2つのモーター内蔵、ホイールをつけて使用します
●キャノンキューブ :スプリングとギアでキャノン砲弾を発射します
●回転キューブ   :側面で回転します
●関節キューブ   :上下の細かい角度を調節しながら動きます
●ブリッジ     :キューブとキューブをつなぎます
●ライトキューブ  :LEDランプ
●充電キューブ   :ウィンドウキューブを充電します
●サブキューブ   :ウィンドウキューブの信号を他のキューブに伝達します

■4つのキットで展開しています
マウンジ(MAUNZI)ロボットキットでは、「ニック」「ウィリー」「コビー」3つのキャラクターを作ることができます。
「ニック」はモーターと2つのホイールで作られたかわいいロボットです。
「ウィリー」はモーターと4つのホイールとライトがついた4輪車ロボットです。
「コビー」はモーターと4つのホイールとライト、キャノンを関節で動かせるキャノン砲弾つき4輪車ロボットです。

【MAUNZI Classic Kit】(ニックが作れるキット)
ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×1、ホイールセット×1、ニックデコパーツ

【MAUNZI Burning Cannon Kit】(ニック、ウィリーが作れるキット)
ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×2、関節キューブ×1、ライトキューブ×1、キャノンキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×5、ホイールセット×2、ニックデコパーツ、コビー&ウィリーパーツ

【MAUNZI Dynamic Wheeler Kit】(ニック、ウィリー、コビーが作れるキット)
ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×2、関節キューブ×1、ライトキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×3、ホイールセット×2、ニックデコパーツ、コビー&ウィリーパーツ

【MAUNZI Full Performance Kit】(自由自在に作れるキット)
ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×2、関節キューブ×2、回転キューブ×2、ライトキューブ×2、キャノンキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×6、サブキューブ×2、ホイールセット×2、ニックデコパーツ(クラウドファンディングのみ)、コビー&ウィリーパーツ(クラウドファンディングのみ)

制作キットとなっているため、初めての方でも気軽にロボット製作を始めることができます。
これからくるプログラミングの時代に乗り遅れてしまわないために。ちょっとさわり程度知っていてもいいかもしれませんよ。

「マウンジ(MAUNZI)」の商品概要

最後に今回ご紹介した「マウンジ(MAUNZI)」の詳しい商品情報について記載します。

■ブロック型プログラミングロボット「MAUNZI」商品概要

対応機種    :AndroidOS/Ver4.4以上、iPhoneOS/Ver12.0以上、
iPadOS/Ver12.0以上
ブロック互換性 :レゴブロック完全互換
電池      :7.4V、1120mAh、Li-Polymer充電池内蔵
最大使用可能時間:連続約50分未満
通信規格    :Bluetooth Ver4.0BLE
走行速度    :0.7m/s
内蔵センサー  :スピーカー、LED、USBケーブル、
ジャイロセンサー(MEMS system)
ファームウェアアップデート:HPにて随時ご案内いたします
生産国     :韓国
(1年間品質保証)
価格      :オープンプライス
クラウドファンディングページ: https://shopping.nikkei.co.jp/projects/maunzi

※MAUNZIとレゴ社は一切関係ありません。またレゴの類似品を販売・配布いたしません。MAUNZI(マウンジ)はロボット製造会社の製品です。

気になった方はまずクラウドファンディングのプロジェクトページをチェックです!

Return Top

Copyrighted Image